グーグルアドセンス



2013年6月27日木曜日

PuppyLinux 日本語化の方法

PuppyLinux 日本語化の方法

この説明は
極楽はぜさんのブログ
http://ameblo.jp/gokurakuhaze/
から引用させてもらったものです。
大変役にたったので掲載させていただきました。

puppylinux precise550JP日本語版を質素にインストールしてみました


このバージョンは、英語版であるオリジナルを日本語化するとともに、主に使いやすさを主眼とした様々な修正を加えているそうです。
これらの多くはパピーリナックス日本語化チームの成果を集成したものですので、関係者の皆さんに感謝しつつ新機能を試してみたいと思っています。

そこでさっそくですが、インストールしてみましたので簡単にメモとして残します。


しかし、これは残念ながらPAE版ですので、オールドPCにはインストールできないものがあります。
5.5JPと5.6JPの関係がややこしいですね。

本家の情報によりますと、バリーさんは「私は真剣にwary/racyの引退を考えています。理由は、preciseは実際に古いハードウェア上のwary/racyより良好に動作します。 唯一の欠点は、SeaMonkeyのサイズです。」と自身のブログ書いています。

これに対して賛否両論の意見が寄せられていますが、結構古いPCを使っている方が多いですね。オールドPCの活躍の場がだんだん少なくなっていくようですので、preciseやwheezyを大事にしていきたいものです。




関係ファイルはシノバーさんのサイトで公開されています。
ISOイメージファイル等は、ここにあります。
ドキュメントは、ここにあります。


インストール方法等は省略させていただきます。

最近では珍しいことですが、起動時に真っ黒画面になるブラックデスクトップが発生しました。バリーさんは対策を施したと言っていたような気がしましたが。解決方法はここにあります。数値を1600から5600へ変更しています。

またまた、飽きずにベンチマークテストを実施してみましたが、最近のバージョンは安定して好成績を出していますので、安心して使用できます。



無線LAN対応状況についてですが相変わらず近所のパソコンショップで販売されているralink社のチップを使用した内蔵ドライバのものを取り上げます。


今回も、
価格.comの売上ランキングの上位10に登場するものについて、挿すだけ対応を調べてみました。結果は前回より若干悪くなっています。
理由は
、新しい無線LAN規格「IEEE802.11ac」対応機器が増えてきているからです。

これらに採用されているチップは、Realtek RTL-8812AUで、当然といえば御幣がありますが、対応モジュールは最近のカーネルにはまだ実装されていません。結構高い値段がついていますね。10倍の開きがあります。



例によって、rt2800usbモジュールの公表されているカーネルドライバ情報を調べますと、挿すだけで使用できそうなアダプタは以下のとおりです。カーネル3.0以降での変更はありませんでした。

こ れが対応するカーネルは 2.6.38–2.6.39、3.0–3.9 となっており、簡単設定法が使えるようです。もしも、旧カーネルバージョンのpup4X、wary5X等で苦戦しているようであれば、新カーネル採用のも のに乗り換えた方が簡単に設定できる可能性があります。特に、旧rt2800のみ搭載のwary5.1.1は簡単設定法は使えず、新規作成でしか対応でき ませんので要注意です。

毎回同じですが、0411 015D WLI-UC-GN以外は
持っていないので確認していません。すべてネット情報からですので目安程度に参考にしてください。



#BUFFALO
0411 00E8 WLI-UC-G300N
0411 012E WLI-UC-AG300N
0411 0148 WLI-UC-G300HP
0411 0150 WLP-UC-AG300
0411 0158 WLI-UC-GNHP
0411 015D WLI-UC-GN
0411 016F WLI-UC-G301N
0411 01A2 WLI-UC-GNM
0411 01EE WLI-UC-GNM2

#I-O Data
04bb 944 WHG-AGDN/US
04bb 945 WN-GDN/US3
04bb 947 WN-G150U
04bb 948 WN-G300U

#Logitec
0789 0162 LAN-WN22/U2
0789 0163 LAN-WN12/U2
0789 0164 LAN-W150/U2M
0789 0166 LAN-W300N/U2
0789 0168 LAN-W150N/U2

#Corega
07AA 002F CG-WLUSB2GNL
07AA 003C CG-WLUSB2GNL
07AA 003F CG-WLUSB300AGN
07AA 0041 CG-WLUSB300GNS
07AA 0042 CG-WLUSB300GNM

#PLANEX
2019 AB24 GW-US300MiniS
2019 AB25 GW-USMini2N
2019 ED06 GW-US300MiniW

その他の「バージョン別アダプタ対応表」は、ここにあります。

今回は、 手持ちの古い2019 ED14 GW-USMicroNを使用しましたので、ドライバの簡単設定法で対応しました。詳細はこちらにあります。
やることは二つだけです。
1.設定ファイルを作成、modprobe.dフォルダへコピー
2.必要なファームウエアをfirmwareフォルダへコピー

最初にやることは、下記のコマンドラインをleafpad等のテキストエディタへコピーし、適当な名前を付け、GW-USMicroN用のモジュール設定ファイルを作成します。
名前例 gw-usmicron.conf
----------------------------------------------------------------------------
install rt2800usb /sbin/modprobe --ignore-install rt2800usb; /bin/echo "2019 ed14" > /sys/bus/usb/drivers/rt2800usb/new_id
----------------------------------------------------------------------------
できた設定ファイルを、etc/modprobe.dディレクトリへコピーします。



次にやることは、旧カーネルでは自動ロードされたファームウエアが、最新カーネルではなぜか自動ロードされませんので、手動でコピーします。

使用可能なファームウエアは、/lib/modules/all-firmware/にあります。
今回使用したRalink社関連のファームウエアはrt2x00ですので、中身をすべて/lib/firmware/へコピーします。



最後は通常の無線LANの設定になります。
rt2800usbモジュールの読み込み、wlan0の読み込み、WPA暗号化のサポート、パスフレーズの設定と進めば完了です。
その際、アダプタの抜き差しでLEDランプを点灯状態にしておくことが重要です。

ハードウエア情報でアダプタとドライバを確認すると以下のようになっています。



アダプタは、2019 ED14 GW-USMicroN 、ドライバはrt2800usb が認識されています。

簡単ですが、以上です。

追記
日本語フォーラムに、486HAさん作成のPrecise Puppy 5.6.1を日本語化したものがアップされています。起動時にLocaleをjaにすることで日本語版になるそうです。もちろん、no-PAE版ですのでオールドPCもオッケーです。

Precise Puppy 5.6.1 日本語版


Precise Puppy 5.6.1 日本語版がダウンロードできるとの情報を見つけました。
以下はhttp://sakurapup.browserloadofcoolness.com/viewtopic.php?f=27&t=2325
からの引用です。

投稿記事by 486HA » 13/06/06(木) 09:56
(2013-06-26)
ボールド・フォントに変更すると、google_earth-7_sfs4.sfsでは日本語メニューが出なくなることが判明したので
フォント変更できるようスクリプトを追加したものをアップしました。
(google-earth-7.1.1.1580.sfsでは影響ありません)
https://docs.google.com/file/d/0BxoqlpB ... dwTTQ/edit
追加または変更:
1、/root/font-org,sh : 標準フォント
2、/root/font-bod.sh : ボールド・フォント
3、Default Browser : Seamoneky-2.19 beta2 日本語版
http://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/ ... x-i686/ja/
4、Quickpet Precise 1.6.2

(2013-06-23)
Default BrowserをSeamonkey-2.19 beta1 日本語版に変更しました。
https://docs.google.com/file/d/0BxoqlpB ... lCUWc/edit

(2013-06-06)
最初から日本語版として起動するように修正したものをGoogle-Driveにアップしました。
https://docs.google.com/file/d/0BxoqlpB ... NJeHc/edit

Precise Puppy 5.6.1の puppy_precise_5.6.1.sfs に次のプログラムがインストールされています。
1、lang_pack_ja-1.5.6.pet (シノバーさんの lang_pack_ja-1.5b.sfs をベースに追加・削除したもの)
2、dir2sfs 日本語版 (not Internationalized)
3、Extract-pet 日本語版(Internationalized)
4、getflash 日本語版(Internationalized)
5、pet2sfs_01micko-0.2 日本語版 (not Internationalized)
6、Semonakey-1.8 beta4
7、quickpet_precise-1.2

 Quickpet Preciseは、Upup Precise 3.8.3.1などに標準でインストールされていますが、
ここでは最新の v.1.2をインストールしました。
 (何故か)Seamonkeyを除いた大抵のブラウザやnvidia 319.17 k-3.2.29/3244などもダウンロードできます。

 同梱のPrecise-Apps-xz.sfsは、例によってアプリ盛り合わせです。

2013年6月23日日曜日

SFSファイルのインストール(導入)Firefoxのインストール

Mozilla からダウンロードした最新版を使うか、こちらからダウンロードしたシノバーさん謹製の sfs ファイルを使うかどっちでもOK。
http://shino.pos.to/party/bridge.cgi?puppy/opt/

・SFSファイルの使い方。
Firefox の sfs ファイルはダウンロードしたら、/mnt/home に置く。
パピーメニューの システム > BootManager を起動し、SFS ファイルのロード のところのアイコンをクリックして SFS_Load オン・ザ・フライ を起動。

firefox_sfs_load001_phixr.jpg

ロード側のプルダウンタブで Firefox の sfs ファイルを選んで、[ロード]ボタンでロードすると再起動なしてFirefoxが使えるようになる。

firefox_sfs_load002_phixr.jpg

Flash プラグインのインストーラや Java プラグインも同時にインストールされるみたい。

2013年6月18日火曜日

Linux初心者講座


http://naorin.6.ql.bz/infome/
 
という有用なウェブサイトを見つけました。
自分が欲しい情報が満載なので引用させてください。

Information

お知らせや管理人の独り言、Puppy LinuxやLububtuの新しい情報など掲載しています。

Precise-550JP正式版リリースされました。~2013/06/15~
Precise-550JP正式版リリースされました。
今日は土曜日明日はお休みでさっそくCD起動のPrecise-550JPで記事を書いています。
とにかくお手軽簡単が強みのPuppyです。
ファイルはこちらから入手してください。
ライブCDの作り方、使い方はPuppy LinuxをライブCDで起動するを参考にして下さい。
初めての起動後の画面では画面表示に問題なければOKで大丈夫です
GofficeやSeaMonkeyのロードが問われることはありません。
個人設定の保存については、初めてのシャットダウン時に問われます。
上記の若干の違いはあるかと思いますが基本的には個人設定ファイルの保存とおおよその流れは同じです。

HDDへのインストールはWin環境がある場合インストーラーバージョンをダウンロードしてインストールすると簡単に出来ます。
インストーラーバージョンが使えない理由がある場合は、CDからのFrugalインストールを参考にしてください。
無線LAN設定については、無線LAN設定を参考にしてください。
対応無線LANアダプタについては今はよくわかりませんが、対応状況においてLupu-528JPより悪くなっている事は無いだろうと思います。
導入のヒントは下記事precise-550JP-RCお試しやprecise-550JP-RC2お試しの記事を参考にして下さい。
時間があればメイン記事に掲載出来たらと思います。
もし更新が無ければごめんなさいです。
簡単ですがInformationの記事を参考にして導入して見てください。
開発者の皆様有難うございました。
ではでは新しいバージョンのPuppy Linux日本語版をお楽しみください。


precise-550JP-RC2お試し~2013/06/09~
今日は休日です。
新しくprecise-550JP-RC2が公開されていたのでお試ししてみました。
忙しくて無理だろうと言いつつ少しの時間でお試しできるのがPuppyの良い所でしょう。
基本的に下記事のprecise-550JP-RCと同じです。

ただoperaはdebファイルがすんなり使えました。
precise-550JP-RCは私のミスだったのかな?
こちらから今の最新バージョン1215のディレクトリをクリックし、opera_12.15.1748_i386.debをrootへダウンロードして保存します。
後はクリックすれば、インターネットのメニューから選択して起動する事が出来ます。
基本的にはGoogle chromeが好みですが、Puppyでは日本語入力が重いので、SeaMonkeyとoperaの組み合わせがベストかな?と考えています。

最終リリースは来週にでもと書かれていました。
多分最終リリースにはインストーラーバージョンも公開されるでしょう。
多忙のためお試し出来ないと言いつつ最終的にはお試しする可能性も高いです。
今現在は多忙のためサブマシンにはほとんど触っておらず、最終的には冬にはLubuntuをメインに、サブマシンからPuppyを抜くつもりです。
私はPuppyは緊急用もしくはwin7でCD起動で遊ぶ程度にする予定です。


precise-550JP-RCお試し~2013/06/01~
リリース後お試し出来る時間がなさそうなのでリリース前にお試ししてみる事にしました。
こちらからファイルをダウンロードしてCDに焼いてお試ししました。
やり方はPuppy LinuxをライブCDで起動すると同じです。

個人設定については日本語版なので、デスクトップ画面表示に問題無ければOKで大丈夫です。
特にロードが必要なファイルもありません。
個人ファイルの保存はシャットダウン時に問われますので、その時に行います。
上記いくつかの差異はありますが、基本的な流れは個人設定ファイルの保存と大きな違いは無いと思います。

後はインターネット接続ですが、有線の場合はルーターをお使いの場合起動と同時に接続されます。
無線LANについてはこちらを参考にして下さい。
無線LANアダプタの対応状況についてはわかりませんが、Lupu-528JPより良くなっている事はあっても悪くなっている事は無いと思います。

ウイルススキャンはAvast antivirus scannerが使えます。
こちらを参考にして下さい。

ディスククリーニングはペットパッケージよりBleachbitが入手出来ます。
インストールより入手して下さい。
パッケージマネージャーのレポジトリよりubuntu-precise-universeにチェックを入れ、システムを選択しbleachbit_0.9.1-1を入手します。
Bleachbitに必要なファイルも一緒にインストールする必要があるので、依存パッケージを調べるでダウンロードとインストールをして下さい。
本体と依存ファイルの二回インストール作業があります。

ブラウザはデフォルトでSeaMonkeyです。
ペットパッケージよりFireFoxが入手出来ます。
google chromeはgoogleの公式サイトより入手でubuntu用debファイルが使えます。
ただし日本語入力が重いように感じます。

Operaは現在の最新バージョン1215がこちらから入手出来ます。
Lupu-528JPではopera_12.15.1748_i386.debで簡単にインストール出来ましたが、今回は上手くいかずopera-12.15-1748.i386.linux.tar.bz2を使いました。
ファイルをダウンロードして解凍します。
opera-12.15-1748.i386.linuxと言うディレクトリが出来ていますので、その中のoperaと言うファイルをクリックすると立ち上がります。
いちいちそうやって開くのは面倒なので、ディスクトップへショートカットを作成します。
opera-12.15-1748.i386.linuxディレクトリ内のoperaファイルをデスクトップへドロップします。
右クリック→ファイル'opera'→アイコン設定を開きます。
opera-12.15-1748.i386.linuxディレクトリ内share→icons→hicolor→48x48→apps→opera-browser.pngのファイルをアイコン設定画面へドロップします。

リリース後もそれほど違いはないかと思われますが、リリース後ペットパッケージも増えるかもしれません。
リリース後はインストーラーバージョンも公開されると思いますので、HDDへのインストールをする場合は特別な理由がなければリリース後にインストーラーによりインストールする事をお勧めします。
私は今後多忙になるためリリース後のお試しは出来ないと思います。


precise-550JP-RC~2013/06/01~
Puppy Linux日本語版の新バージョンのRC版が出ました。
こちらでRC版が公開されています。
新しいバージョンprecise-550JPのドキュメントは既に完成しています。
リリースも近いでしょう。
インストーラーバージョンもリリース時に公開されると思われます。
PuppyLinux情報

グーグルで検索していると、次のようなサイトを見つけましたので、記録
しておきます。

* VGN-FS33B Puppy Linux インストール
http://nofx2.txt-nifty.com/it/2013/06/vgn-fs33b-puppy.html

--スペック
CPU: Pentium M 740(1.73GHz)
ChipSet: Intel 915GM
メモリ: DDR SDRAM 2,048MB (DDR2 533)
HDD: 100GB (Ultra ATA/100)
液晶ディスプレイ: 15.4型ワイド WXGA(1,280 x 800)

かれこれ7年前のPCとなります。メモリは2GBに増設されているとはいえ、
Windowsを動かすには古くなってしまいました。
軽量LinuxであるPuppy Linux (Lupu-528JP)をインストールしました。

--パピーリナックス Lupu-528JP
http://sakurapup.browserloadofcoolness.com/viewtopic.php?f=1&t=2181

最新版は、先日6/14にPrecise-550JPがリリースされています。

--パピーリナックス Precise-550JP
http://sakurapup.browserloadofcoolness.com/viewtopic.php?f=1&t=2334

--インストール
1.http://openlab.jp/puppylinux/download/puppy-5.2.8JP/ より、
lupu-528JP.isoをDL。
2.lupu-528JP.isoをCD-Rに書き込む。(Img Burnを使用)
3.ノートPC VGN-FS33Bに作成したCD-Rを入れて、電源ON。
* CDブートができない場合、BIOSの設定を確認する。


VGN-FS33Bでは、特に問題なくLupu-528JPは起動しました。
画面解像度は、1,280 x 800表示され、特に設定無しでNIC、無線LAN
(Intel PRO/Wireless 2200BG)認識しました。
また、Webブラウザは、動作の軽快なChromiumをペットよりインストールしました。

メモリが2GB搭載ということもありますが、7年前に発売されたPCとは
思えないほど快適動作です。モニタサイズも15.4インチと大きいため、
Web検索専用端末としてまだ現役で利用可能です。


--Puppy Linux 日本語版
http://openlab.jp/puppylinux/

--走れパピー - Work around Puppy Linux
http://shino.pos.to/linux/puppy.html

--Puppy Linux (本家 USサイト)
http://www.puppylinux.com/

--ダウンロード - Puppy Linux (改)- SourceForge.JP
http://sourceforge.jp/projects/pupkaii/releases/

--sakurapup.browserloadofcoolness.com
http://sakurapup.browserloadofcoolness.com/

過去記事
--VGN-T72B Puppy Linux インストール
--USBメモリ起動 Puppy Linux


--本当に軽量 Puppy Linux

今日の一枚
庭にサボテンの花が咲いていました