グーグルアドセンス



2014年4月30日水曜日

PuppyLinuxにPotableFirefoxをインストール

今回は、firefox-portable  をPuppyLinux Precise-571JPにインストールしてみました。一般的にウエブブラウザは要領が大きく、使用中に大きな一時ファイルを作り、通常のインストールでは保存ファイルを圧迫してしまいます。ダウンロードサイズによりカラータイマが赤点滅してしまうときもあるようです。これを解決するためにfirefox-portable-0.5.tar.gzをインストールしてみました。そのときのメモです。今後、このようなポータブル化されたアプリケーションが増えてくると思います。ポータブル化されたアプリケーションの特長を一言でいうとパピー本体にインストールしないで、その設定ファイルと一緒にに1つのフォルダにまとめ、アイコンをワンクリックで使えるようにしたという感じです。。/mnt/home以下など、HDDのパーテーションに置けば保存ファイルを圧迫しませんので安心です。

1 次のリンクをクリックしてfirefox-portableをダウンロードします。

http://shino.pos.to/party/bridge.cgi?puppy/opt/

僕は /mnt/home に firefox というフォルダを作成してそこにダウンロードしました。

capture14669

2 ダウンロードしたファイルfirefox-portable-0.5.tar.gzをクリックすると、XArchiveが自動的に起動します。「全選択」を選んで「解凍」します。

capture15522

3 解凍が終了すると、次のようになります。

capture16219

4 歯車のようなフォルダが解凍してできたものです。このフォルダをクリックするとインストール作業が開始されます。次のような画面が現れたら「OK」をクリックします。

capture16773

capture17608

5 簡単にインストールが終了します。

capture19136


6 僕はメインのブラウザにFirefoxを使うので、デスクトップにアイコンをドラッグドロップして作成しました。

capture8723

7 ポータブルアプリケーションはいいことづくめのような気がしたので、ほかのものも調べてみました。

seamonkey-portable-0.4.tar.gz Seamonkeyのポータブルアプリケーション

wine-portable-1.7.15-1-p4.tar.gz wineのポータブルアプリケーション

などが開発されています。








0 件のコメント :

コメントを投稿