グーグルアドセンス



2014年9月25日木曜日

Android x86をUSBメモリーにインストールしてみました

Android x86についてはKindleが読めるということで、以前から興味を持っていました。Android x86自体のバージョンも4.4.2に上がり、サスペンドをOFFに出来るようになったりして、使いやすくなっています。設定画面も含めて日本語になりきれていない部分もあるけれど、特に問題はありませんでした。最新のAndroid x86はhttp://sourceforge.jp/projects/sfnet_android-x86/
からダウンロードします。最初にisoファイルを使用してインストールCDかDVDを作成します。CD DVDから起動してうまく行くことを確認したうえで、内臓のハードディスクやUSBメモリににインストールするといいと思います。僕はUSBメモリにインストールしてkindleの書籍を呼んでいます。
僕は、Android X86を起動した際の画面のキャプチャーのとり方が良くわからなかったので、デジタル画面でとったので見づらい写真になってしまいました。

1 インストールCDから起動します。このときUSBメモリにAndroid x86をインストールしたいならば、USBメモリはコンピュータ本体に装着しておきます。

IMG_4194


2 僕の場合はUSBメモリの領域を3つに分けて、一つはPuppyLinux、もう一つがlinuxBean、さらにAndroidx86となっています。USBメモリはsdbと表されることが多いようです。ここではAndroidx86のために作成したパーティションのsdb3にインストールしようとしています。

IMG_4195

3 ブートローダーGRUBをインストールするかどうか聞かれます。「YES」と答えました。

IMG_4196

4 /systemを読み書きできるようにするかどうかです。必ず「YES」と答えてください。
後で日本語のフォントなどをインストールするときに読み書きできることが必要です。

IMG_4197

5 インストールが始まりました。

IMG_4198

6 言語を指定します。言語の種類が表示されているところを選択して、ドラックすると言語を選ぶことができます。日本語を選択しました。

IMG_4199

IMG_4200

7 無線LANの設定です。簡単に接続ができました。

IMG_4201

IMG_4201


IMG_4202

8 ログインが成功してAndroidx86が起動しています。
IMG_4203

9 このままでは日本入力ができないので、GooglePlayからGoogle日本語入力をインストールしました。

IMG_4204

10 同じくGooglePlayからKindleをインストールすると、数多くの書籍を読むことができます。

ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート

0 件のコメント :

コメントを投稿