グーグルアドセンス



2014年11月30日日曜日

MS WINDOWS にそっくりな無料軽量OS Zorin OS Lite Remix をインストールして無料OFFICE(オフィス)ソフトを使い放題!



MS WINDOWS にそっくりな無料軽量OS Zorin OS Lite Remix をインストールして無料OFFICE(オフィス)ソフトであり、MS OFFICE完全互換のKingSoft WPS をインストールしました。このブログもZorin OS Lite Remixで書いています。

1 まず、Zorin OS Lite Remix をダウンロードします。ダウンロードは http://zorinlinux.zouri.jp/0015.html から加納です。2つのバージョンがあるので、自分に向いている方をダウンロードしてください。

デスクトップ1_012

2 僕は、OSの軽さを最優先して、Scim-Anthy版はこちら→Zorin OS Lite Remix Scim-Anthy版 をダウンロードしました。

3 ダウンロードした ISO ファイルでインストールDVDを作成します。作成方法はインターネット上にたくさん情報があるので、参考にしてください。

4 インストールCDから起動します。これだけでも十分使用できますが、保存などができないのでハードディスクにインストールします。

デスクトップ1_001
 
5 デスクトップ上にある Zorin OS 6.2 Lite のインストールをクリックします。

6 インストールは日本語を選択します。

インストール_002

7 「続ける」をクリックします。

インストール_004

8 僕は、OSを必要に応じてデュアルブートしますので、「それ以外」を選択しました。

インストール_006

9 インストールするパーティションを選択して、「インストール」をクリックします。

インストール_007

 10 「どこに住んでいますか?」とか聞かれますが、これはタイムゾーンの設定なので「Tokyo」でOKです。以前
Linuxについて何もしらないときは、住所を入力したりしました。あとは、「続ける」をクリックして、インストールが終了するのを待つだけです。

インストール_010
 
11 「Zorin OS Lite 6.2 Remix」をハードディスクから再起動しました。日常に必要なアプリケーションはほぼ揃っています。

デスクトップ1_013
 
12 デフォルトのブラウザは「Midori」になっています。ホームページハ「YAHOO!」に設定されており、「YouTube」も視聴することが最初から可能となっています。

デスクトップ1_014

13 デスクトップ上を良く見ると、タスクバー上にもう一つのブラウザ「Chronium」もインストールされていましたので、僕はもっぱらこちらを使っています。

デスクトップ1_015

14 オフィスソフトである LibreOffice もインストールされています。

デスクトップ1_016

15 オフィスソフトは「LibreOffice」で十分ですが、MS Office と さらに互換性が高いといわれている「Kigsoft の
WPS」が無料で公開されているのでインストールしてみました。

16 「KingSoft WPS」をダウンロードします。WPSは以前は「KingSoft Office」と呼ばれていたものです。次のURL からダウンロードします。http://wps-community.org/download.html

デスクトップ1_017

17 WPS 本体の wps-office_9.1.0.4937~a16p2_i386.deb と日本語化するための wps-office-mui-ja-jp_9.1.0.4751~a15_all.deb の2つをダウンロードします。

ダウンロード_018

18 wps-office_9.1.0.4937~a16p2_i386.deb をクリックしてインストールを開始します。「パッケージをインストール」をクリックします。

パッケージインストーラー - wps-office_002

パッケージインストーラー - wps-office_003

19 「WPS」のインストールが終了したら、続いて「wps-office-mui-ja-jp_9.1.0.4751~a15_all.deb」をインストールします。「パッケージをインストール」をクリックします。

パッケージインストーラー - wps-office-mui-ja-jp_006

20 インストールが終了すると、メニューのオフィスの部分に「WPS Office」のショートカットができています。

デスクトップ1_019

21 「WPS Writer」を起動してみました。

デスクトップ1_011

22 クリップアートもたくさん用意されていますが、あまりセンスがあるとは思えませんでした。

デスクトップ1_010

23 最初に表れるがめんが「今すぐシリアルを購入」とでておどろかされます。「KingSoft Office」のホームページです。

デスクトップ1_009

24 ライセンス情報をみると、大丈夫でした。

バージョン情報_020

2014年11月28日金曜日

「Safari」の検索エンジンが「Yahoo!」や「Bing」に!

  現在、iPhoneに標準搭載されている「Safari」のデフォルト検索エンジンは「Google」ですが、どうやら将来的には「Yahoo!」や「Bing」に変わりそうです。以前「Firefox」のデフォルトの検索エンジンが「Yahoo」に代わりそうだとお伝えしたのですが、「Safari」までそんな情報が流れています。
その根拠は、AppleとGoogleの契約が2015年に終了する予定らしく、その後継の座を狙ってアメリカのYahoo!やMicrosoftが競っているそうです。
ご存じの通り、iPhoneの『Safari』では、現在Googleがデフォルト(初期設定)の検索エンジンとなっています。
iPhone『設定』アプリ→Safari→検索エンジンで「Yahoo!」や「Bing」に変更可能ですが、初期設定のものが一番使われるのは当然だと思います、おそらく全検索エンジンが「Safariのデフォルトで採用してほしい」と思っているはずです。検索エンジンの広告による収入も莫大なものになると思われます。
そんな中、AppleとGoogleとの契約が2015年に終了するとのことで、その後継を狙って米Yahoo!とMicrosoftが競っているという情報があります。
検索は「Google」と決めている僕にとっては、あまりうれしい話ではありません。「Google」はこれに対抗した手をうつことはかんがえていないのでしょうか?

ios

2014年11月27日木曜日

無料のオフィス統合環境「LibreOffice」の次期メジャーバージョンとなる「LibreOffice」v4.4のベータ版を公開!

   無料のオフィス統合環境「LibreOffice」の次期メジャーバージョンとなる「LibreOffice」v4.4のベータ版を公開されました。ダウンロードは次のURLからできます。 https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-fresh/?type=win-x86&version=4.4.0&lang=ja 「LibreOffice」は、「OpenOffice.org」から派生したオープンソースのオフィス統合環境です。「スタートセンター」と呼ばれるランチャーのほか、ワープロソフト「Writer」、表計算ソフト「Calc」、プレゼンテーションソフト「Impress」、図形描画ツール「Draw」、数式エディター「Math」、データベースソフト「Base」から構成されているのはご存じの通りです。もちろんこれだけで普段の業務はこなせると思いますが、なぜか、まだ行政や教育機関は高いお金を払ってMS OFFICE を導入しています。革新的な都道府県や市町村が「LibreOffice」などを導入しているに過ぎません。僕にはその理由がよく分かりません。過去の文書との互換性がとれないのが問題であれば、MS OFFICEの文書を修正するオペレーターを一人雇用すればすむ話だと思うのですが、そんなに修正する文書はないと思いますが。
 さて、「LibreOffice」では、新機能の追加を含むメジャーバージョンアップが半年ごとに行われており、次期メジャーバージョンとなるv4.4でも、数多くの新機能が追加されています。たとえば、挿入可能なメディアの形式が拡充されています。また、僕にとってうれしいのは、「SharePoint」や「OneDrive」への接続がサポートされたことです。これによって、Windows以外の環境でも、「OneDrive」にあるドキュメントを手軽に「LibreOffice」で開けるようになります。
 そのほかにも、ユーザーの利用統計をベースに右クリックメニューの項目を見直すなど、全体的な使い勝手の向上が図られています。また、本バージョンから「Caladea」フォントと「Carlito」フォントが追加されました。それぞれMicrosoftの「Cambria」フォントと「Calibr」フォントの代替として利用できるようになっています。

image1

2014年11月25日火曜日

MS Office の互換ソフト WPS Office が11月14日にバージョンアップ!

MS Office の互換ソフト WPS Office が11月14日にバージョンアップされていました。ダウンロードURLは http://wps-community.org/download.html です。

更新された部分は

1 Fixed Presentation have extra margin on exported pdf file.
2 Fixed Presentation losing text when pasting some html table.
3 Fixed Spreadsheets doesn't works with comma decimal point.
4 Fixed Spreadsheets "Remove Duplicates" not works fine.
5 Fixed Spreadsheets "Move or Copy Sheet" not works fine.

となっていました。

このアプリケーションは定期的にバージョンアップされており、今後も期待できると思います。

1_wps

ぜひとも入れておきたいGoogle Chrome 拡張機能!

Google Chrome の拡張機能の多さには驚かされるばかりです。その中でこれは入れておくと仕事がはかどるというものを選んでみました。

1 Chrome、Firefox、iPhone、Android、タブレット間でファイルの受け渡しが出来る『Pushbullet』。
テキスト、画像、動画、音楽、URL、位置情報などなど、あらゆるファイルをシームレスにPC、デバイス間で送受信できます。デスクトップのコンピュータだけで仕事をしているだけでなく、Androidやiphone、ノートパソコンなどとの情報のやりとりが頻繁になってきました。ファイルを一元的に管理したい方にはおすすめです。

1_pushbullet1

2 Checker Plus for Gmail

僕にとってなくてはならない存在になってしまったGmail。そのGmailをを複数アカウントで運用されている方は『Checker Plus for Gmail』がおすすめです。全アカウントへのメールをポップアップ通知で知らせてくれます。しかも、そのまま返信・既読・削除といったアクションも可能となっているので、一つのGmailアドレスしか使用していない方にも役に立つと思います。

2_CheckerPlusCapture

3 Ballloon

今やクラウドを使用していない人の方が珍しくなりました。この拡張機能は、WEBページ上のファイルや画像、リンクをワンクリックで主要クラウドにアップロードできるようにするためのものです。
Dropbox、Google Drive、One Drive、Box  などのクラウドに対応しています。

3_Ballloon10


4 Tab Memory Purge

Google Chrome の欠点を一つあげるとすると、メモリーをたくさんしょうひすることでしょうか。この、拡張期のはGoogle Chrome メモリー解放して、Google Chromeが重い、サクサク動かなくなったときに、「開いているタブ」のメモリを自動解放する拡張『Tab Memory Purge』を使うと便利です。タブの開きっぱなしによるメモリ消費を抑えてくれます。

4_Tab-Memory-Purge

5 Adblock for YouTube

その名前が示している通り、YouTube広告をブロックしてくれる拡張が『Adblock for YouTube』です。無駄な機能一切ありません。インストールするだけでで広告削除してくれます。

1_images

6 Context Menu Search

Chrome 右クリックメニュー を拡張するものです。範囲選択した文字を好きなサイトで検索できるのが
『Context Menu Searc』です。Chromeの右クリックメニューには「Google検索」しか有りませんが、同拡張機能を入れると、Amazon、Wiki、類義語検索、YouTube、SoundCloudなど、好きなサイトを登録できるようになります。

2_context_menu_search_1


7 New Tab Redirect

Google Chrome の「新しいタブ」で表示されるページを、好きなURLへリダイレクトしてくれる拡張機能が『New Tab Redirect』です。現バージョンのChromeは新規タブが検索ページに固定されています。それだけならまだしも、お気に入りページが下にサムネイル表示されてしまいます。同拡張機能は、アプリ一覧やGoogle検索などへリダイレクト設定することができます。

7_new_tab_redirect-384305-1279261007


8 1Password

1Password は無料パスワード管理ツールです。ソフト、アプリ共に有料でしたが、iPhoneアプリで無料化になりました。

8_1P4-Mac-main

2014年11月22日土曜日

Google Chrome の ウェブアプリだけで仕事ができる!

 Googleが提供するブラウザー「Google Chrome」用のウェブアプリを使ってみました。無料で使える便利なアプリも多いのでぜひ試してみてはいかがでしょうか?僕は、無料のウェブアプリだけしかつかっていません。
 どんなアプリもインストールを意識することなく、簡単に使えるのはiOSやAndroidのアプリそっくりです。これは、Googleが自前のパソコンOSの普及に向けて着々と準備を整えている感じがします。また、Chromeの機能を追加する「拡張機能」も数多く用意されています。
 実際に利用するには、当然ながら最初にChromeをインストールする必要があるますが、Chromeにはポータブル版もあるので、USBなどに入れて持ち運び、どこでも仕事をすることが可能です。
 GoogleウェブアプリはChrome上で動くもので、IEなどでは利用できませんが。逆に、MacのChromeやLinuxでも同様に利用できます。僕のようにほとんどPuppyLinuxやlinuxBeanなどで仕事をしているものにとってはうれしいことです。
 Chromeのインストールが終わったら新しいタブを開くと「Chrome Web Store」というボタンが表示されます。ここから、自分に必要なアプリを追加するだけです。

1 僕がインストールしているウェブアプリです。これだけで、ブラウザ上でワード、エクセル、パワーポイントのファイルを編集できます。

ga01

2 仕事は関係ありませんが、青空文庫がブラウザ上で読むことのできる「えあ草子」をインストールしてみました。

ga02


3 「えあ草子」で夏目漱石の「こころ」を表示させてみました。

ga03

Google Chromeのウェブアプリをみると、Chrome OS 上ですべての業務が無料で完結できる仕組みづくりをしている感じがします。高い市販のアプリケーションを導入して、しかもそのアプリケーションをインストールしたコンピュータでないと業務ができないという時代は確実に終わろうとしています。

2014年11月21日金曜日

自分に役に立つ「Webサービス」を簡単に見つけて仕事に活用する方法

Webサービスは、WWW関連の技術を使い、ソフトウェアの機能をネットワークを通じて利用できるようにしたものです。企業間の商取引を担う大規模なものから、単一の機能を持ったコンポーネント(ソフトウェア部品)まで、様々な規模・種類のものがあります。
現在、機能の記述や呼び出し手順などの標準化が進行中であり、コンポーネント化された複数のWebサービス同士をつなぎ合わせてアプリケーションと構築するというスタイルが次世代のソフトウェア環境の主流になると予測されています。そうした環境が普及すると、従来のOSやミドルウェアは、Webサービスを開発・実行する環境としての役割を担うようになり、サービス(およびそれらを組み合わせたアプリケーション)を利用するエンドユーザは、現在のWebブラウザを拡張したようなクライアントソフトを通して、すべてのソフトウェアを操作するようになると考えられています。
そこで、自分に役に立つ「Webサービス」を簡単に見つけて仕事に活用する方法を述べてみたいと思います。インターネットで検索して、自分にあったWebサービスを探すのもいいですが、「Google Chrome」を使って「Chrome ウェブストア」を利用するのもいいかも知れません。役立つ「Webサービス」がジャンルに分類されて、検索しやすくなっています。特に日本で人気の「Webサービスは」https://chrome.google.com/webstore/category/popular_in_region?hl=ja で見ることができます。

WS000000

サポート終了のWindowsXPパソコンを無料で有効活用!

サポート終了のWindowsXPパソコンを有効活用する方法として、Linuxが良く取り上げていますが、もっとも画面表示や操作方法似ていて、デフォルトでインストールされているアプリケーションが厳選されているものに「ZorinOS」があります。しかし、オリジナルの『Zorin OS Lite』は用意されているアプリケーションが少なく、また、操作方法に迷うものもあります。WindowsXPユーザーでも迷わず操作できるように『Zorin OS Lite』を改良したRemixバージョンを制作し、無料で配布しているサイトがありますので紹介します。
 しかも、アプリケーションの追加だけでなく、低スペックパソコン向けにチューニングも施してありますので、USBメモリにインストールするだけで、サポート終了のWindowsXPパソコンでも快適に使用できます。

デスクトップ1_074

このブログでも、「Zorin OS Lite Remix」のインストール方法などについて詳しく述べていまうので、参考にしてください。
 ところで、久しぶりに「Zorin OS Lite Remix」のウェブサイトを訪れてみると、2つの異なるバージョンが紹介されていました。(正確にいうと3つです)

Zorin OS Lite 6.2 Remixでは日本語入力環境の異なる2種類のバージョン

バージョンごとの特徴

・iBus-Mozc版 日本語変換効率が高く、使いやすい
パソコンのメモリが512MB以上の場合や、長文を入力される方におすすめです。

・Scim-Anthy版 使い勝手が劣るもののメモリ消費が非常に少ない
パソコンのメモリが512MB以下の場合や、軽さを重視される方はこちら。

まず、iBus-Mozc版を試してみて、動きが遅いようならScim-Anthy版をご利用いただくのが良いと思います。

ダウンロードリンク(Google Drive)

iBus-Mozc版はこちら→Zorin OS Lite Remix iBus-Mozc版

Scim-Anthy版はこちら→Zorin OS Lite Remix Scim-Anthy版


※ログインなどは不要です。

※サイズが1.4GBほどありますので、気長にダウンロードしてください。

※『Zorin OS Lite Remix』のデフォルトのパスワードは『0000』です。

Zorin OS Lite 7.1 Remix

Zorin OS Lite 7.1はZorin OS Lite 6.2より後にリリースされたもので、現時点(2014年3月)での最新バージョンになります。セキュリティサポートは切れていますが、ソフトウェアの更新でOSのアップグレードをすれば、安全に使い続けることができます。しかし、アップグレードにより不具合が起きるケースも報告されているようです。
Zorin OS Lite Remixには、ubuntu12.04LTSをベースにしたZorin OS Lite 6.2 Remixとubuntu13.04をベースにしたZorin OS Lite 7.1 Remixの2種類があります。Zorin OS Lite 7.1はZorin OS Lite 6.2の後継バージョンで、現時点(2014年3月)での最新バージョンです。しかし、
・長期サポートの対象ではない
・PAE(物理アドレス拡張)に対応していない古いCPUでは起動できない場合がある
といった問題もあります。
長期間安定してご利用したい場合は、新たに作成したZorin OS Lite 6.2 Remixを使った方がいいかも知れません。

Zorin OS Lite 6.2 Remixはubuntu12.04LTSがベースですので、セキュリティサポートは2017年4月まで行われ、OSのアップグレードをしなくても安定してご利用できます。

また、Zorin OS Lite 6.2 RemixはPAE(物理アドレス拡張)に対応していない古いパソコンでも起動するようになっていますので、Zorin OS Lite 7.1 Remixがインストールできなかったら試してみる価値があります。

Zorin OS Lite 7.1 RemixZorin OS Lite 7.1 Remixのダウンロード から入手できます。 

※サイズが1.5GBほどありますので、気長にダウンロードしてください。
※『Zorin OS Lite Remix』のデフォルトのパスワードは『0000』です。

Zorin OS Lite 6.2 Remixに追加されているソフトは下記のように大変魅力的です。また、アンチウイルスCLAMTKインストール済みでWindowsXPより安全です。

・ClamTK
 アンチウイルスソフト

1
windowsxpサポート パソコン買い替え前に アンチウイルスCLAMTKインストール済みでWindowsXPより安全。ウインドウズXPサポート終了対策に


・Midori
 軽快で安定性の高いブラウザ
2

windowsxpサポート パソコン買い替え前に インターネットエクスプローラーより軽快なブラウザMidori。WindowsXPサポート終了問題解決に

・Sylpheed
 国産の使いやすく軽量なメーラー

3

windowsxpサポート パソコン買い替え前に サンダーバードより快適な国産メールソフトSylpheedメーラー

・LibreOffice Writer
 マイクロソフト製『Word』と高い互換性のワープロソフト
windowsxpサポート パソコン買い替え前に Wordと高い互換性LibreOfficeWriterインストール済み。WindowsXPからの乗り換えも安心

4

・LibreOffice Calc
 マイクロソフト製『Excel』と高い互換製の表計算ソフト
windowsxpサポート パソコン買い替え前に Excelと高い互換性LibreOfficeCalcインストール済み。WindowsXPからの乗り換えも安心

5

・VLCメディアプレーヤー
 何でも再生できる動画プレーヤー
windowsxpサポート パソコン買い替え前に 何でも再生できるメディアプレイヤーVLCメディアプレイヤー

7

・WINE
 Windows用アプリケーションを使用可能にするソフト
windowsxpサポート パソコン買い替え前に WineでWindows用アプリケーションソフトも動作。WindowsXPサポート終了後も貴重な資源を活かせます

8

・GIMP
 高性能な画像編集ソフト
windowsxpサポート パソコン買い替え前に フリーソフトなのに高機能な画像編集ソフトGIMP
17

・Shutter
 高機能なスクリーンショットソフト
windowsxpサポート パソコン買い替え前に スクリーンショットはSHUTTERにおまかせ

9

・Wuala
 ハードディスクを圧迫しないDropboxライクなオンラインストレージ
windowsxpサポート パソコン買い替え前に Dropboxより安全で古いパソコンにおすすめなオンラインストレージWUALA

10

・KeepassX
 パスワードの作成や自動入力など高性能パスワード管理ソフト
windowsxpサポート パソコン買い替え前に KeepassxならWindowsやMac、スマホとパスワードの共有管理ができます。

11

・BlueGriffon
 ホームページビルダーのようなHTMLエディターソフト
12

windowsxpサポート パソコン買い替え前に Kompozerの後継HTMLエディタBluegriffon

・FileZilla

13

 FTPソフト
windowsxpサポート パソコン買い替え前に FTPソフトはFFFTPよりFilezillaがおすすめです

・UbuntuTweak

14

 CCleanerのようなお掃除ソフト
windowsxpサポート パソコン買い替え前に Linux版CCleanerのUbuntutweak

・BleachBit

15


 GlaryUtilityのような強力なお掃除ソフト
windowsxpサポート パソコン買い替え前に Linux版GlaryUtilities「Bleachbit」でシステム快適

・UNetbootin

16

 簡単にUSBbootLinuxを作成できるソフト
windowsxpサポート パソコン買い替え前に さまざまなLinuxディストリビューションをLive起動UNetbootinで

・Preload
 アプリケーションをメモリ上に先読みすることにより起動を早くします

ソフトは

1.WindowsXPと使い勝手が変わらないもの
2.低スペックパソコンでも安定して動作するもの
3.USBメモリや小さなHDDを快適にするもの(お掃除ソフト)
4.便利だけど、インスト─ル方法が難しいもの
を厳選して追加したそうです。