グーグルアドセンス



2014年12月25日木曜日

気象庁、ツイッターで情報発信へ

気象庁が情報の発信に短文投稿サイト「ツイッター」の活用を検討していることが、JNNの取材でわかりました。早ければ、来年1月からの運用を目指して、調整を行っているそうです。気象庁がソーシャルメディアを使って情報発信を行うのは初めてなので、期待をしてしまいます。
 気象庁がツイッターで発信する内容について、ホームページに発表した情報をより広く知ってもらうため、ホームページに誘導 することを目的にに、被害が予想されるような場合に行う臨時記者会見の内容など、利用者が知りたい情報にいち早くたどり着きやすくすることを目指すとしているとしています。その一方で、気象警報や注意報、地震速報など、緊急性の高い情報を個別に扱うことは当面しない方針で、専門家からは、ツイッターの特性をもっと生かし た内容にしてもいいのではないかとの指摘が出ているようです。もっともな感想ですが、ツイッターの特性を考えるとき、情報が拡散していくなかで、事実でない情報が広まっていくこともありうるのを懸念している気がします。そのようなことがなければ、気象庁の予報に加えて、さらにその地域の情報が瞬時に得られるというメリットがあると思うのです。

jma

0 件のコメント :

コメントを投稿