グーグルアドセンス



2014年12月2日火曜日

「Firefox 34」正式版公開!WebRTC対応メッセンジャー「Hello」搭載

米Mozillaは12月1日、Webブラウザ「Firefox」バージョン34の正式版をリリースしました。
リリースノートによると、Firefox 34はWebRTCに対応するリアルタイムコミュニケーションクライアント「Firefox Hello」を搭載しています。右上のハンバーガーボタンからカスタマイズを選択し、「追加のツールと機能」からHelloボタンをメニューバーに追加することで利用可能になるそうです。
Firefox Helloを使ってユーザーはリンクを生成し、そのリンクをメールなどで相手に送ってリアルタイムのビデオ/オーディオ・チャットを行うことができます。プラグインは不要というのがうれしい限りです。特定のサービスやプラットフォームに縛られることなく、WebRTC対応ブラウザ(Firefox、Chrome、Opera)ユーザーとのリアルタイムコミュニケーションが可能になります。Firefoxアカウントにサインインしてコンタクトを管理すると、Firefoxアカウント・ユーザーとの間ではリンクを送らなくても直接通話を行えるというから驚きです。ブラウザだけでビデオチャットをしながら、仕事の打ち合わせができるなんて夢のようです。しかも、現時点で、Firefox 34はWindows版 Linux版 Mac版とあらゆるOSへの対応が図られています。
ただ、僕にとって残念なのは、情報通り、米国(US英語)ではデフォルト状態で検索ボックスに設定される検索エンジンがYahooに変わっていることです。

今すぐ、Firefox 34 の機能を確かめたい方は、下記からダウンロードできます。ただし、「Firefox Hello」を「追加のツールと機能」から追加することで利用可能となりますが、12月1日時点ではFirefox 34にアップデートしても、まだアクセスできないユーザーが多いという情報もあります。

・Windows版
http://download.mozilla.org/?product=firefox-34.0&os=win&lang=ja

・Mac OS X版
http://download.mozilla.org/?product=firefox-34.0&os=osx&lang=ja-JP-mac

・Linux版
http://download.mozilla.org/?product=firefox-34.0&os=linux&lang=ja


firefox-34

0 件のコメント :

コメントを投稿