グーグルアドセンス



2015年1月20日火曜日

12,980円の格安Win8.1タブレットが販売中!

7インチのIPS相当パネルを搭載していて、税抜き価格で12,980円という過去最安のWindows 8.1 with Bing搭載タブレットが登場しました。そのgeaneeの「WDP-71」が、あきばお~各店で販売中のようです。これだけ低価格になると、一度試して見ようと思ってしまいますね。だだし、各店とも入荷数は少量のようです。次回入荷の予定はあるというので購入を希望している方は予約する方法を考えた方がいいかも知れません。

1,280×800ドット/7インチのIPS相当パネルを搭載したWindowsタブレット

1

 WDP-71は、Windowsタブレットとしては珍しい7インチサイズ(1,280×800ドット)で「IPS相当」(製品パッケージ)の液晶パネルを採用したタブレット端末です。実売2万円台のモデルと比較すると、スペック面でやや劣る部分はあるものの、Windows OSを搭載している新品PCが税込14,000円ほどで購入できるのは大きな魅力と言えそうです。この製品を開発したのは、電子機器などのODM (受託製造) 会社ジェネシスホールディングスです。
ジェネシスは都内に本社を置くODM 会社。中国深センの自社工場でタブレットPC や電子部品などを受託製造し、「累計15万台以上の日本向けタブレットの生産実績」があります。WDP-71 の驚異的な安さは自社工場を持つからこそ実現できたと思われます。
WDP-71 の主な仕様はCPUがAtom Z3735G(クアッドコア/1.33GHz)、メモリ 1GB、ストレージ16GB、IEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0、カメラ(フロント/リア共に200万画素)、microSDカードスロット(最大32GB)、Micro USB、Micro HDMIなど。連続動作時間は最大4時間、充電時間は約2時間。本体サイズは、191.6(奥行き)×9.1(高さ)×109.8(幅)mm(突起物除く)、重量は約326.5g。オフィスソフトは「KINGSOFT Office 2013 Standard」がプリインストールされています。
この好ましい状態がノートパソコンの分野にも浸透してきてほしいものです。ノートパソコンが1万円台で蛙となると、Linuxに傾倒している自分もおそらく購入すると思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿