グーグルアドセンス



2015年1月17日土曜日

文章のミスを0にする無料ツールで尊敬される方法!

最近、手書きではなくコンピュータ上で文章を作成する機会が圧倒的に多くなりました。しかし、それをチェックする方法は人の目のよることが多いようです。もちろん、最終的には人による方法に頼るのもいいと思います。ただ、そこにいたるまでにコンピュータによる方法を試してみてはどうでしょうか?仕事がはかどることは保証します。

1 誤字脱字、変換ミスの間違いをチェックできる
日本語のあからさまなエラー (タイポ、スペースのエラー、誤字脱字、変換ミス、入力後の編集ミス、文字化け) を自動チェックします。

Enno

WS000000

2 文章の問題点を見つける

文章の問題点をワンクリックで簡単チェック
文章に言葉の間違いや不適切な表現が含まれていないか調べます。最終チェック時のあら探しに最適なツールです。公開前・納品前の校正作業にお役立てください。ブログの編集画面からのチェックや、IE8では画面上で範囲選択した文字列のチェックも可能です。

日本語文章校正ツール

WS000001

3 やさしい単語を使って伝わりやすく

伝わる文章のポイントは、造語や専門用語を多用せず、やさしい単語や理解しやすい表現を用いることです。その確認には「日本語テキストの難易度を測る「帯2」を使ってみてください。
「帯2」は、小中高大の教科書127冊から抽出したサンプルをもとに、文章理解の難易度を測定してくれるツールです。「中学生でもわかる」のが良い文章と言われますので、できるだけ平易な文章をめざしましょう。

帯2

WS000002


4 表現を豊かにして魅力的にしてみましょう
読者の欲求を喚起するには、豊かな表現や描写を用いる必要があります。一見難しそうに思えますが、実はツールを使うことでそのハードルはグッと下がります。

30秒でキャッチコピーが作れる「コピーメカ」

コピーメカ

わずか3つの質問に答えるだけで、複数のキャッチコピー案を提案してくれるツールです。アイデアに行き詰った時にぜひ使ってみてください。その後、自分で考えるとより深いキャッチこぴーができます。

WS000000


5 小説家のような表現をさがしだしてくれます

日本語表現インフォ

日本語表現インフォ
喜怒哀楽といった感情の表現や、風景・人物の描き方を探すことができます。商品の紹介を魅力的に伝えたい
時などにうってつけです。

WS000001


6 適切な言い回しが見つります

weblio類語辞典

weblio類語辞典

インターネット上であまりにも有名な類語辞典。たとえば「マネジメント」だと、「指導・監督・運営・管理・経営・切り盛り・体制」といった類語が見つかります。横文字や、広い意味の単語を使用する際は、ぴったりの表現を探すことができます。

WS000000


最後に、良い文章に仕上げるためには、ひと手間を惜しんではいけません。全体の構成と、音読した際のリズムを確認しましょう。

7 全体構成を見てくれるます

小説形態素解析CGI(β)

小説形態素解析CGI(β)
「ひらがな:カタカナ:漢字」の割合を算出してくれたり、ひとつの文章の長さなどを指摘してくれます。

WS000000

8 文章を読み上げてくれる

音声合成デモンストレーション

音声合成デモンストレーション
一度に読み上げてくれるのは300文字までですが、文章のリズムがわかります。読んで不自然だったら修正するとすぐれた文章になります。キャラクターがとってもかわいくて、つい微笑んでしまいます。

WS000001


次は、文章のたたき台を作るのにおすすめのサービスを紹介します。

文章を作成する上で一番大変なのは、初稿やたたき台など、最初の作業だと思います。テンプレートに沿うだけでOKなツールを紹介します。
9 売れる文章が作れる

イージー☆ライター

8つの質問に答えていくだけで、商品・サービスの紹介記事を作成できるツールです。ECサイトに強い文章ができます。

10 プレスリリース作成に特化した「3分作成ツール」

3分作成ツール

簡単な質問に答えていくだけでプレスリリースのたたき台を作成することができます。

WS000001

最後に、文章を書くのが苦手な方は多いと思いますが、ツールを使うことで、ヒントがたくさん得られるはずです。
そのヒントを参考にして、自分の考えを付け加えると、すばらしい文章になると思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿