グーグルアドセンス



2015年1月30日金曜日

マイクロソフトがオフィス無料提供! アンドロイド搭載端末に



1月29日、マイクロソフトはアンドロイド搭載端末に、業務用のアプリケーションのワード、エクセル、パワーポイントの無料提供を開始しました。また、同社はアップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」とタブレット端末「iPad(アイパッド)」上で電子メールプログラム「アウトルック」のアプリの提供を開始しました。
マイクロソフト社のねらいは、携帯機器市場でアップルとグーグルに後れを取っていて、その巻き返しを図ることが目的のようです。更に、同社は昨年3月にアップルのアイパッド向けのオフィスの無料提供を開始しています。
アンドロイド搭載端末上では、オフィスのアプリのテスト版をここ3カ月弱にわたり提供していましが、この日はグーグル・プレイ・ストアに最終版のアプリとして登場しました。

ms01

マイクロソフトによると、アップルの携帯機器でワード、エクセル、パワーポイントは人気を集めており、ダウンロード数は昨年3月以降、8000万回に上ったもようです。
業務用アプリケーションのように、日常使うものを無料にする動きは大歓迎です。
とりあえず、今からノートパソコンにandroid-x86をインストールして、アンドロイド用のワード、エクセル、パワーポイントを動作させてみよと思っています。
この流れが加速し、Linux上で動作するMS OFFICEが無料提供されたとしたら、世の中に大きな変革を起こすものと思います。LibreOfficeやOpenOfficeを費用削減のために導入している官公庁や教育機関にも朗報となることはまちがいありません。しかし、そうなればMS WINDOWSからLinuxへの移行を促すようなものなので、おそらくそれはないとは思いますが。

0 件のコメント :

コメントを投稿