グーグルアドセンス



2015年1月31日土曜日

Google決算 広告の伸び鈍化で予想は下回ったものの、売上高は過去最高!



Googleの10~12月期決算は2桁台の増収増益だったのですが、広告の伸びが鈍化し、アナリスト予想は下回ったと報道されています。電話会見ではCFOが、「Nexus 6」が特に日本で好調で在庫が追いつかないと語っていました。
Googleが1月29日に発表した2014年第4四半期(10~12月期)決算は、売上高は前年同期比15%増の181億300万ドル、提携企業に支払う手数料(TAC)を除く実質売上高は144億8300万ドル、純利益は41%増の47億5700万ドル(1株当たり6.91ドル)の増収増益だったと報じられています。
しかし、売上高は過去最高でしたが、TACを除く売上高、非GAAPベースの純利益(1株当たり6.88ドル)ともにアナリスト予測(売上高は146億1000万ドル、純利益は7.08ドル)を下回っていました。アナリスト予測がどれだけ的確かはわかりませんが、「主要収入源である広告の伸びが鈍化している。」との報道には少し不安がよぎります。
Mozillaが米国でのFirefoxのデフォルト検索エンジンを米Yahoo!にしたことが影響しているのではと考えたくなりますが、その質問に対しては「素晴らしい製品を作れば人々は探しだしてくれる」とGoogleらしい答え方をしています。

gg01

0 件のコメント :

コメントを投稿