グーグルアドセンス



2015年2月26日木曜日

アップルに拍手、絵文字に人種と肌の色の違いを導入!

「絵文字は白人偏重、人種的多様性を反映していない」という一部のユーザーのからの抗議にアップルが早くも対処しました。
 iOS 8.3 beta 2 では、今までの絵文字のうち顔や人体を描いたものに対して、標準のほかに5色の肌色を指定できるようになっています。
一部の団体やユーザーが主張してきた「絵文字と人種多様性の問題」は、絵文字は白人ばかりを含んでいて人種的多様性を反映していない、白人以外には自己を表現する文字を与えないことで、アップルなどの企業はコミュニケーションの場から少数派を不当に排除しているといった内容だったようです。そこに、アップル社が対応するというのは、企業の姿勢としてとても立派なことのように思えます。
もともと日本の携帯文化から生まれた絵文字は、アップルやGoogleの働きかけにより、国際規格Unicodeに取り込まれました。そして、世界の emoji になった経緯があります。
しかし、世界のEmoji はさまざまなプラットフォームでの相互運用のため、標準規格であるユニコードに準拠する必要があり、修正していくのは大変な作業のように思いますが、そこを決断したアップル社に企業倫理を感じます。
アップル社ははEmoji のキャラクターセットにもっと多様性を反映するため、規格のアップデートを目指してUnicode コンソーシアムと密接に協力して作業を進めていると言います。日本の企業や政府も利益以外の大切な部分を大切にしてほしいと思います。そういう態度には、人々の信頼が生まれるからです。

WS000000

0 件のコメント :

コメントを投稿