グーグルアドセンス



2015年3月16日月曜日

「Flash Player」のセキュリティアップデートを公開しました!

アドビシステムズはは3月12日、「Flash Player」のセキュリティアップデートを公開しました。Linuxのブラウザを使っているときに、何度も「Flash Player」が古いとメッセージがながれていたので待望のアップデートです。このアップデートにより、Flash Playerの各種バージョンに発見されていた「クリティカル」レベルの脆弱性11件が修正されます。これらの脆弱性を悪用されると、システムの制御を奪われる可能性があるため、Adobeは対象となるFlash Playerを最新バージョンに更新するよう呼びかけています。。
セキュリティアップデートの対象となるのは「Windows」版、Mac版、Linux版のFlash Playerで、対象となるバージョンは16.0.0.305以前、13.0.0.269以前の13.x、11.2.202.442以前の11.xです。Windows版とMac版のFlash Playerデスクトップランタイムは17.0.0.134へ、Linux版のFlash Playerは11.2.202.451へ、Flash Playerの継続サポートリリースは13.0.0.277へ、それぞれ更新する必要があります。
 「Google Chrome」と、Windows 8.xの「Internet Explorer」によってインストールされるFlash Playerもセキュリティアップデートの対象ですが、これらは自動的にバージョン17.0.0.134に更新されるので安心です。
さて、LinuxでのFlash Playerのアップデートは主に2つの方法があります。

1 Synapticパッケージ・マネージャを使う方法

    [システム]-[システム管理]-[Synapticパッケージ・マネージャ]を開きます。
    flashplugin-installerを探し、パッケージを右クリックして「インストール指定」を選びます。
  flashplugin-installerパッケージをインストールすると、アドビ システムズ エンドユーザ使用許諾条件に同意したものとみなされます。ツールバーの「適用」をクリックします。

2 端末からapt-getを使う

    [アプリケーション]-[アクセサリ]-[端末]を開きます。
    次のコマンドを実行します。

$ sudo apt-get install flashplugin-installer

     flashplugin-installerパッケージをインストールすると、アドビ システムズ エンドユーザ使用許諾条件に同意したものとみなされます。

0 件のコメント :

コメントを投稿