グーグルアドセンス



2015年9月3日木曜日

android-x86がアップデートされています!



android-x86とは、いわゆる Android のPC版OSです。Android は、Googleによって開発されたスマートフォン、タブレット用OSのことで、Linuxがベースになっているのはご存じのとおりです。それを、PCでも動作するように移植したものが Android x86 です。 Android x86は、そもそも ASUS Eee PC で動かすためにAndroidのソースコードをパッチするプロジェクトとして始まった(Wikipedia参照)もので、 ノートパソコンでは、比較的相性が良いとされています。
今回は、その Android x86 が、android-x86-4.4-r3.iso (日付: 2015-08-04, サイズ: 420.9 MB) バージョンアップしていましたのでお知らせします。
以前、ノートパソコンで、AndroidのInboxアプリケーションを使えるようにするために、android-x86をインストールしたことがあったので、もう一度、android-x86のインストール方法を書いておきます。USBメモリにインストールする方法を書いていますが、ノートパソコンの内部ドライブでも同じ方法でインストールできます。
何といってもandroid-x86の魅力は音声入力ができることです。現在のノートパソコンなら、まず内部マイクがついているのでそれを利用します。ちょっと感動モノです。

1 まず、USBメモリを用意します、僕はUSBファイルの速度のことを考えてUSB3.0の32GBのものを用意しましたが、8GBのものでも十分です。32GBでも1500円で手に入れることができます。

2 Android open source projectのx86プラットフォームへの移植プロジェクトがあって、android-x86-4.4-r1.iso (日付: 2014-08-09, サイズ: 351.2 MB) をダウンロードして、USBメモリーにインストールします。
僕は、Puppy LinuxもlinuxBeanも並行して使用したいので32GBのUSBメモリを、Puppy Linux linuxBean Android-x86のトリプルブートにしました。どの、OSのGparted(パーティション設定アプリケーションでもかいません)Andoroid-x86の領域をUSBメモリに確保してください。
僕は、下の図のように領域を確保しました。Puppy Linux はMS WINDOWS でよく使われるntfsの領域にインストールしました。ntfsをUSBメモリの先頭に確保したのは、LinuxとMS WINDOWSのファイルのやりとりを意識してのことです。USBメモリの先頭にntfsのファイル形式で領域を確保すると、MS WINDOWS からも読み書きができるので便利です。

capture15923n

3 ダウンロードし た android-x86-4.4-r1.iso を利用して起動CDを作成しました。作成方法はインターネット上にたくさん情報がありますので参考にしてください。

IMG_4451

4 Androidーx86のCDから起動してします。起動した後でインストールしたいUSBメモリをセットしてください。起動して、言語を日本語に設定すると「ようこそ」と表示されます。

IMG_4438

5 Wi-Fiの設定になります。

IMG_4439

6 パスワードを入力してください。

IMG_4440

7 Googleの位置情報の使用の確認が表示されます。右側の矢印をクリックします。

IMG_4441

8 日付と時刻を設定します。

IMG_4442

9 Googleサービスの確認が表示されます。

IMG_4443

10 いよいよ、Androidが起動しました。

IMG_4444

11 このままでは、日本語入力ができないので「Google日本語入力」を「Google Play」からインストールしました。

IMG_4445

12 さらに、「日本語106/109キーボードレイアウト」をインストールしました。

IMG_4448


13 後でわかったことですが、Googleの無料メールアプリケーション「Inbox」をインストールすると自動的に縦長の画面に回転して、マウスが思うように移動できません。無料で画面を横長に固定するアプリケーション「Landscape Locker」をインストールしました。

IMG_4449

14 いよいよ、「Inbox」をインストールします。招待状のメールの「ANDROID」をクリックします。ここからはandroid-x86を起動していますので、画面キャプチャーをとることができました。

Screenshot_2014-11-03-11-00-36

15 当然、インストールをクリックします。

Screenshot_2014-11-03-11-02-16

16 下の図のように「同意」を求められます。

Screenshot_2014-11-03-11-02-31

17 無事「Inbox」がインストールできました。ここまでくると、AndroidでなくてもPCのブラウザ上でも「Inbox」が有効になります。

Screenshot_2014-11-03-11-11-19

18 「Inbox」を起動すると斬新なメーラーが起動しました

BlogPaint

0 件のコメント :

コメントを投稿