グーグルアドセンス



2015年11月15日日曜日

PuppyLinuxインストール:最新版 Slacko6.0.8.1 をインストール 最新Chromeをインストール プロキシー設定!! PuppyLinux004



PuppyLinuxインストール:最新版 Slacko6.0.8.1 をインストール 最新Chromeをインストール プロキシー設定!! PuppyLinux004

無事、PuppyLinuxにGoogle Chromeをインストールして、インラインで日本語できる環境が整いました。これは、PuppyLinuxインストール:最新版 Slacko6.0.8.1 をインストール 最新Chromeをインストール サクサク日本語入力!! PuppyLinux003 で紹介させていただきましたが、ノマドワーカーに憧れている僕にとって、どのような環境にでもUSBメモリさえポケットに持っていれば、そこでサクッと仕事がしたいわけです。しかし、出張先の会社やホテルではプロキシーが設定されていることがしばしばです。
そうです、下に表示されているような、小さなUSBメモリにPuppyLinuxをインストールし、出張先でLibreOfficeを立ち上げて、サクッと仕事がしたいのです。

【64GB】 SanDisk/サンディスク USB Flash Drive Cruzer Fit USBメモリー 海外リテール SDCZ33-064G-B35 メ
cruzer01

そのためには簡単に、Google Chromeに簡単にプロキシーを設定できる環境が必要です。
しかし、最新のChromeでプロキシーを設定しようと、

1 メニューの設定を選択します。

Screenshot
2 詳細設定を表示して、「プロキシ設定の変更」を選択すると・・・

Screenshot(1)

3 下の用な』画面が現れうまく行きません。

Screenshot(2)

4 検索していると、「SwitchySharp」という拡張機能を見つけました。

Screenshot(4)

5 早速「SwitchySharp」正式には「Proxy SwitchySharp」をインストールしました。「SwitchySharp」を検索して「CHROMEに追加」をクリックします。

Screenshot(5)

6 「拡張機能を追加」を選択します。

Screenshot(6)

7 「SwitchySharp」を起動して、プロキシーサーバーを設定します。

BlogPaint


しかし、どうしてGoogle Chromeからプロキシーの設定の機能が削除されたのか不思議です。必要な機能だと思うのですが・・・

* 僕のブログ紹介

 LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。

人気記事

僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!



3 件のコメント :

  1. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  2. puppyで検索すると貴殿のブログがよくヒットします
    日本語フォーラムにslacko-6.1.0.1を日本語環境で使いやすいように加工したものをアップしてあります
    貴殿の使用レポートを頂けると今後の作成の参考になるのではと考え 初見ではありますがコメントしました

    by damboard

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。早速、日本語フォーラムを見てみます。

      削除