グーグルアドセンス



2015年12月21日月曜日

PuppyLinuxインストール:tahr-6.0.5 日本語入力mozc版を使ってみました! PuppyLinux022




tahr-6.0.5 日本語入力mozc版を使ってみました!
 早速、tahr-6.0.5 日本語入力mozc版 をダウンロードして使ってみました。

1 起動すると、当然ながら最初から日本語表示になっています。

capture14387

2 改めてオープニングの画面を見てみると、こんなことを書いていたのだと思います。普段は英語表示しかみないので。

capture15875

3 日本語変換のを行う「mozc」も辞書登録、手書き入力などができるようになっていました。
以前は「mozc」はPuppyLinuxでは利用するのが難しいと言われていましたが進歩したものです。

capture11822

4 無線LANにも難なく接続できました。早速ブラウザを立ち上げてネットサーフィンを行いました。
ブラウザは「Pale Moon」というものが入っていました。
 こては、好みが分かれるところでしょうが、「quickpet」から、ありとあらゆるブラウザをインス 
 トールすることができるので、自分にあったものを使うと良いと思います。

capture23363



 僕のブログ紹介

 LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。

人気記事

僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!



0 件のコメント :

コメントを投稿