グーグルアドセンス



2016年1月31日日曜日

発泡酒サッポロビール ラガーズハイ これはおいしいぞ!

サッポロビール ラガーズハイ これはおいしいぞ!






少しずつ、春の気配を感じます。天気の良い日中は、昼間からビールが飲みたくなります。ビールメーカー各社はこぞって新商品の販売を開始していますが、これは、全然違うというものは少ない気がしまうs。

 そんな中、これは違うぞ!というビールに出会うことができました。

○ 缶コーヒーより安い価格!

 大手ビールメーカー「サッポロ」はイオングループ限定で新商品の販売を開始しました。それが「サッポロ・ラガーズハイ」です。このビールはアルコール度数7パーセントです。いままでのもので一番高いのではないでしょうか? しかも、350ミリリットル1本で118円です。 

○ 高アルコールなのにまりやか

 発泡酒の多くは、どちらかといえばアルコール度数低めで、お酒好きな人にとってはいくぶん飲み足りない感じがしました。サッポロビール ラガーズハイは7パーセントで高めです。これが実にさわやかなのどごしにつながっています。



サッポロビール ラガーズハイにかつサンド



○僕のブログ紹介

 LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。
人気記事
僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!



超軽量指向のディストリビューション antiX日本語版!

超軽量指向のディストリビューション antiX日本語版!






 今日は日曜日。久々の休日です。 「ライブCDの部屋」というウェブサイトには、Linuxの情報を得るために、訪れさせてもらっています。初期のころには、そのサイト名のようにCDに収まるサイズの日本語化されたLinuxが紹介されていましたが、だんだん、DVDでないと起動ディスクを作成できないようなサイズになってきていました。

 少し、残念な気がしていましたが、今日「ライブCDの部屋」を訪れると、僕好みのLinuxがアップロードされていました。それが、antiXです。

 antiXはdebianベースの軽量指向ディストリビューションです。動作は非常に軽く、起動時消費メモリーは100MBを大きく下回ります。このブログの記事もライブCDから起動したantiXで書いていますが、ほとんどストレスなしで書くことができます。

 ウィンドウマネージャーはicewm,jwn,fluxboxといった軽量トリオを使用しています。先ほどいったように、isoファイルはCDサイズにもかかわらずひととりのアプリは揃えてあり、libreofficeまであるのは驚きです。

 システムツールのmetapackage installerを使うと代表的なアプリケーションを簡単にインストールできるようになっています。

 32ビットの場合、カーネルは非pae対応ですがマルチプロセッサー対応にリコンパイルされた専用カーネルを使用しています。

antiXは下記のリンクからダウンロードできます。

antiX-15-V_386-full-jp.iso

LibreOfficeまでコンパクトなCDに入っています。



○僕のブログ紹介

 LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。
人気記事
僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!



2016年1月28日木曜日

受験生にこんな風に応援できたら・・・

「私には夢がありました」!






 大学のセンター試験があった1月16・17日の2日間、福島県にあるJR郡山駅の改札内に黒板が設置されました。そこに書かれていたのは「受験生のみなさまへ」と題したメッセージ。企画したのは、ともに23歳の女性駅員2人で、「教師になる」という夢を叶(かな)えられなかった経験をもとに書いたそうです。

 その黒板に書かれたメッセージがこれです。
出典: JR郡山駅提供

「受験生のみなさまへ」全文

 試験初日の16日。午後3時ごろに、在来線の改札内に黒板が置かれました。そこには、こんなメッセージがありました。 平成28年1月 受験生のみなさまへ いつもJR東日本郡山駅をご利用いただきありがとうございます。
今、このメッセージを書いている私も、数年前はみなさんと同じように受験生でした。その頃、私には夢がありました。
学校ではもちろん、帰宅後もたくさん勉強しました。通学途中の電車での数分間も友だちといっしょに予習・復習。
時には、参考書を片手にうたた寝をして降りる駅を寝過ごしてしまうなんてこともありました。
そして迎えた試験当日。最後まであきらめず全力で取り組みました。
現在私は、駅員のひとりとして働いています。これから夢に向かうみなさんのために駅での仕事を通して微力ながらもお力添えができれば幸いです。そして、そのような仕事に出会えたことを誇りに思っています。
残念ながら、あの頃抱いていた夢は叶えることができませんでしたが、道はひとつではありません。
みなさんが今持っている夢や目標のために、ぜひ全力で取り組んでほしいと思います。きっと何かが見えてくるはずです。
郡山駅社員一同、心より応援いたしております。


このメッセージに込められた思いは、『今持っている夢は、今しか持てない』ということ。高校・大学と教師になるのが夢だったのですが、今は駅員として誇りを持って働いています。これから、いろんな世界に出て、いろんなものを見る機会があると思いますが、その時持っていた夢は決して無駄にはならない、ということが伝わればと思いました」と駅員さんは言っています。



書いていることや言っていることがうそ臭くなくて、自然に頑張ろうという気持ちが湧いてきます。よく「夢は必ずかなう。頑張れ」という言葉を耳にしますが、果たして、そうだその通り、頑張るぞ!と思う人がどれだけいるでしょうか?

真実を述べた、やさしさにあふれたメッセージに感動します。

○僕のブログ紹介

 LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。
人気記事
僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!



linuxBeanインストール:1月21日にlinuxBeanがアップデート!

1月21日にlinuxBeanがアップデート






知らないうちに、linuxBeanがアップデートしていました。リリースノートや変更履歴を確認すると、

○ Ubuntu 14.04のカーネル脆弱性(CVE-2016-0728)を受けたメンテナンスリリース。
http://perception-point.io/2016/01/14/analysis-and-exploitation-of-a-linux-kernel-vulnerability-cve-2016-0728/

○ casperスクリプトに変更が入っていたため対応。

○  設定ウィザードからインストールされるJREのバージョンを8系に変更。

○ 設定ウィザードからV2C-R・Firefoxをインストール出来なくなっていたため修正。

と書かれていました。

linuxBeanの魅力はなんと言ってもコンパクトでCDに収まるサイズをずっと守っていることです。そのうえ、必要と思われるアプリケーションはきちんとそろっています。
最近のDVDで対応しないといけないような肥大なOSとは一線を画しています。

linuxBeanのダウンロードは、下記のリンクからできます。

linuxBean 12.04.5 2016-01-21版
647 MB (678,428,672 バイト)
MD5 a06351d4d5936467d49e9707c457b5ea

linuxBean 14.04.3 2016-01-21版
638 MB (668,991,488 バイト)
MD5 2f27f0d803bd4d104cd668f102d89fd7


○僕のブログ紹介

 LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。
人気記事
僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!



クラウド化:「Foxit Reader 7.3」、「OneDrive」と「Google Drive」を統合!

「Foxit Reader 7.3」、「OneDrive」と「Google Drive」を統合!






 アメリカのFoxit Corporationは20日(現地時間)、PDFビューワー「Foxit Reader」の最新版を公開しました。大きく変わったところは、「OneDrive」「Google Drive」が統合されたことです。ますます、オンラインストレージサービスとの親和性が向上し、クラウド化が進んでいます。残念なことにこの機能は、どうやら現在のところWindows版だけのようです。

 Windows版で「OneDrive」や「Google Drive」を使用するには、[File]メニューの[Open]画面を開き、[Add a place]ボタンをクリックします。すると、“OneDrive”と“Google Drive”を追加する画面が現れるので、ここで各サービスへサインインすればOKです。もちろん、次回からは追加したオンラインストレージサービスが[Open]画面で選択できるようになります。

 そのほかにも、ドキュメントのページ数や単語数、文字数などをカウントするワードカウント機能の他タイムスタンプサーバーを登録する機能、ドキュメントのスクロールを一時的に禁止するスクロールロック機能などが新たに追加されています。

「Foxit Reader」はWindows/Mac/Linuxなどに対応するフリーソフトで、現在同社のWebサイトからダウンロード可能です。Windows版はWindows 7/8/10に対応しています。

 そこで、Linuxにも対応しているということで、早速、PuppyLinuxにインストールを試みました。もちろん、PuppyLinuxにも最初からPDFビューワーが付属していますが、高機能なFoxit Readerのインストールに挑戦してみたいと思います。

1まず、http://www.foxitsoftware.com/
からFoxit Readerをダウンロードします。日本語版は脆弱性がほうこくされているので、本家サイトに行って英語版をダウンロードします。もちろんLinux版をダウンロードしました。



2 次にダウンロードしたファイルを解凍すると、歯車の形をした実行ファイルができあがります。ここでは、FoxitReader.enu.setup.x86.1.0.1.0925(r189237).run となっています。



3 実行ファイルをクリックすると、インストールが始まります。「次へ」をクリックします。



3 インストールする場所を聞いてきます。ここでは、/optにしました。



4 ライセンスに同意して、「次へ」をクリックします。



5 インストールが始まりました。



6 無事、インストールが終了しました。



7 Foxit Readerのフォルダを開いてみると、「FoxitReader.desktop」のアイコンがあるので、デスクトップにドラッグアンドドロップしました。



デスクトップにFoxit Readerのショートカットができています。



8 Foxit Readerを起動して、縦書きの日本語のPDFを読み込んでみました。ものすごく速い起動と読み込みです。Foxit ReaderがLinuxでも簡単にインストールできるなんていままで知りませんんでした。はやく、Linux版でも、「OneDrive」と「Google Drive」を統合して欲しいと思います。



○僕のブログ紹介

 LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。
人気記事
僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!



android-x86-6.0がアップデート!

android-x86-6.0がアップデート!






 おはようございます。6:10です。いくぶん寒さがやわらいでいる気がします。  2016年1月28日にandroid-x86-6.0がアップデートしていました。ダウンロードはandroid-x86-6.0-20160127.iso (日付: 2016-01-28, サイズ: 242.1 MB) からできます。以前のandroid-x86-6.0-20151202はサイズが430.1 MBあったのにえらく少なくなっています。早速、起動ディスクを作成してみましたが、僕のマシンではうまく起動ができませんでした。android-x86-6.0-20151202は洗練されていたうえに、安定して動作していたので期待していましたが、残念です。どなたか、起動ができた方は教えてください。

しばらくは、android-x86-4.4-r4.iso (日付: 2016-01-24, サイズ: 440.3 MB) を使うことになりそうです。長い期間の開発を経て、stable版ということもあり非常に安定しています。



○僕のブログ紹介

 LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。
人気記事
僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!



2016年1月27日水曜日

ウェブサイトからプッシュ通知を受信可能になった「Firefox 44」が正式版リリース!

ウェブサイトからプッシュ通知を受信可能になった「Firefox 44」が正式版リリース!






 おはようございます。6:10です。寒い朝ですね。
 
 日本時間の2016年1月26日(火)から「Firefox 44」の正式日本語版がダウンロード可能となっています。最新版のFirefox 44では、ウェブサイトからのプッシュ通知を受け取ることが可能となっていて、表示されていないサイトからの通知を受信できるようになりました。 タブに表示されていないサイトからの通知も受信できるようになっているので、SNSやネットショップのようなサイトは特に便利になるようです。
 僕は、あまり「プッシュ通知」について詳しくないので、少し調べてみました。
自分が取りに行くのが フェッチで、勝手に届くのが プッシュということらしいです。郵便に例えると、郵便屋さんが届けてくれる普通の郵便は プッシュで私書箱はフェッチになります、自分が取りに行かないと郵便が手に入りません。  通常、携帯電話のメールは自分から取りにいかなくても届きます。これは プッシュになります。逆に、PCのメールはメールソフトを立ち上げた時にメールボックを見に行って取ってきていますので、これは フェッチということになります。PCのメールソフトを立ち上げっぱなしにしておくと、勝手に届くように感じるかもしれませんが、それは短い間隔で フェッチを繰り返しているからです。  つまり、自分が情報を取りに行くのではなく、通知されるのを待っていて、通知されたら直ちにそれが検知される、という方式が「プッシュ通知」です。
早速、PuppyLinux Slacko6.3.0のFirefoxをアップデートしてみました。

1 Firefoxのメニュー>ヘルプ>Firefoxについてで簡単に最新のバージョンにアップデートできます。



2 最新のバージョンFirefox44.0にバージョンアップできました。



3 プッシュ通知を受け取るためには、Firefoxの設定のコンテンツから通知を受け取るサイトを設定します。



僕のブログ紹介

 LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。
人気記事
僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!



2016年1月26日火曜日

そろそろ新しいノートパソコンを購入しようかな!

新規購入ならレッツノート








 僕は、新しいコンピュータを買うならレッツノートと決めています。なぜなら、PanasonicはデスクトップPCは発売しておらず、モバイルパソコンのレッツノートのみを販売していることが大きな理由の一つです。モバイルパソコンのみに力を注いでいる分、他社より頑丈さやバッテリ時間などモバイルに必要とされる機能に優れ、ビジネスマンに愛用されている現実があるからです。ご存知のようにPanasonicは、保証やサポートにもすぐれ、顧客満足度も高いメーカーになっています。

さらに、すべての機種において、LTEに対応したモデルがあり、ドコモ系のMVNOのSIMを挿して利用することができます。外出先でWiFiルーターなどを使用せずモバイルデータ通信ができるため便利です。 以前は、液晶が見づらい機種が多かったですが、現在は改善されています。

残念ながら、現在、僕は中古のレッツノートを使っていますが、そろそろ新しいのもいいかなと思っています。



 また、僕は「仕事ができる人はなぜレッツノートを使っているのか?」という本を購入しなるほどな!と思うことが多々ありました。キータッチもきちんとしていて好感がもてます。

僕のブログ紹介

 LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。
人気記事
僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!



android-x86:Android-x86 4.4-r4 released (the fourth stable release of kitkat-x86)が公開!続き

android-x86:Android-x86 4.4-r4 released (the fourth stable release of kitkat-x86)が公開!続き




昨日、Android-x86 4.4-r4 released (the fourth stable release of kitkat-x86)が公開されていることをお知らせしました。少し使用してみた感想ですが、すごく安定して動作しています。以前は、コンピュータのレジューム機能が働いたりすると、レジュームに入る前の状態に復帰出来なかったりした記憶があります。 さらに、android-x86のウェブサイトには、

Key Features

The Android-x86 4.4-r4 is based on the 4.4-r3 release. It mainly addresses the hazi fonts issue of Mesa 10.5.9 found in some GPUs.

Besides, the EFI ISO support is back-ported to this release. That means the ISO is bootable from a UEFI device. Therefore we only provide one iso file in this release.

The kernel is updated to 4.0.9 with patches to support more peripherals like MS Surface series.

The obsolete 2GB limitation of data.img (created when installed to NTFS or VFAT) is also removed. Note VFAT still suffers from the 4GB limitation of the filesystem. 

と書かれていました。中でも、NTFSでフォーマットしたとき、データファイルが2GBに制限されていたものがなくなったというのが、大きな改善です。僕は、USBメモリをNTFSでフォーマットして、android-x86をインストールします。これはシステムをメモリに読み込むので、軽快に動作するからです。この制限が外れたのは素晴らしい出来事です。
USBメモリーから起動している様子を写真にとってみました。

使用しているUSBメモリーです

PuppyLinuxとandroid-x86のどちらかを選択する画面です。

adndroid-x86が起動しました。

画面キャプチャーです。インスタグラムもインストールしていますが、もっぱら人の撮った写真を見るだけです。

なお、Android-x86 4.4-r4 released (the fourth stable release of kitkat-x86)のダウンロードは android-x86 日本語情報トップページ - OSDN の方がわかりやすいです。

僕のブログ紹介

 LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。
人気記事
僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!



2016年1月25日月曜日

android-x86:Android-x86 4.4-r4 released (the fourth stable release of kitkat-x86)が公開!

Android-x86 4.4-r4 released (the fourth stable release of kitkat-x86)が公開!







1月23日にAndroid-x86 4.4-r4 released (the fourth stable release of kitkat-x86)が公開が公開されていましので、早速ダウンロードして、USBメモリーにインストールしてみました。
ダウンロードは、
http://www.android-x86.org/
からできます。
安定版ということで期待ができます。



Android-x86 4.4-r4 released (the fourth stable release of kitkat-x86)を起動した画面です。



ところでいつもはPuppyLinuxを使っているので、PuppyLinuxとのデュアルブートにしました。 ブートローダのmene.lstは次のようになっています。

# menu.lst produced by grub4dosconfig-v1.9.2
color blue/cyan yellow/blue white/black cyan/black
#splashimage=/splash.xpm
timeout 10
default 0

# Frugal installed Puppy

title Puppy slacko 6.3.0 (sdc2/slacko-630)
  find --set-root --ignore-floppies --ignore-cd /slacko-630/initrd.gz
  kernel /slacko-630/vmlinuz  pmedia=usbflash psubdir=slacko-630 pfix=fsck
  initrd /slacko-630/initrd.gz

title Puppy tahr 6.0.5 (sdc2/tahr-605noPAE)
  find --set-root --ignore-floppies --ignore-cd /tahr-605noPAE/initrd.gz
  kernel /tahr-605noPAE/vmlinuz  pmedia=usbflash psubdir=tahr-605noPAE pfix=fsck
  initrd /tahr-605noPAE/initrd.gz
 
title Android-x86 4.4-r4
  UUID=425D4E68145EB164
  kernel /android-4.4-r4/kernel quiet root=/dev/ram0 androidboot.hardware=android_x86 SRC=/android-4.4-r4
  initrd /android-4.4-r4/initrd.img

# Full installed Linux

# Windows
# this entry searches Windows on the HDD and boot it up
title Windows\nBoot up Windows if installed
  map (hd1) (hd0)
  map (hd0) (hd1)
  map --hook
  errorcheck off
  find --set-root --ignore-floppies --ignore-cd  /bootmgr
  chainloader /bootmgr
  find --set-root --ignore-floppies --ignore-cd  /ntldr
  chainloader /ntldr
  find --set-root --ignore-floppies --ignore-cd   /io.sys
  chainloader /io.sys
  errorcheck on

# Advanced Menu
title Advanced menu
  configfile /menu-advanced.lst
  commandline

UUIDの数値はsudo blkid /dev/sdb1で調べます。

title Android-x86 4.4-r4
  UUID=425D4E68145EB164
  kernel /android-4.4-r4/kernel quiet root=/dev/ram0 androidboot.hardware=android_x86 SRC=/android-4.4-r4
  initrd /android-4.4-r4/initrd.img

2016年1月20日水曜日

linuxBeanインストール:高速かつフル機能のウェブブラウザSlimBoatをインストール

高速かつフル機能のウェブブラウザSlimBoatをインストール







おはようございます。6時10分です。
先日、PuppyLinuxに高速なブラウザSlimBoatをインストールしたら、思いの方快適だったので、linuxBeanにもインストールしてみることにしました。
 SlimBoatの特徴をウェブサイトから拾い上げるてみました。
高速かつフル機能のウェブブラウザ

1 超高速
高速ウェブキットエンジンによる短時間起動と高速ウェブページブラウジング
これが、僕にとってもっとも魅力ある機能です。

2 効率的かつ使いやすい
全てを自動で行うことにより、キーボードとマウスでの入力の無駄な時間を省きます

3 パワフルで多様性があります
SlimBoatは他のどのブラウザよりも多くの特徴と機能を統合しています。

4 セキュアかつ安全
セキュアにログインID及びパスワードを保存し、全ての履歴を簡単に消去し、邪魔な広告やポップアップをブロックします。

主要機能をまとめてみると

5 インテリジェントなフォーム記入機能
ウェブフォームを自動的に入力し、保存します。1回のクリックでオンラインのアカウントにログインします。

6 フェイスブックの統合
フェイスブック上のお友達の間で、簡単にページやページ上の写真やテキストの一部をシェアできます。

7 アド・ブロッカーで邪魔な広告をブロックします
ウェブページ上の邪魔な広告を排除できます。メモリーと帯域を節約できます。

8 ウエブページとテキストの翻訳
どのような2つの言語間でウェブページ内のテキストを選び、翻訳することができます。

9 クイックサーチ
予め設定した検索エンジンへワンクリックでアクセスできます。自分の検索エンジンを簡単に作成できます。

10 多様なアプリケーションスタイル
Windows、Linux及びMacの表示をエミュレートする様々なアプリケーションスタイルをサポートします。.

11 高速なインターネットダウンロードマネージャー
ダウンロードマネージャーは中央の場所で全てのダウンロードの仕事を簡単に管理します。

12 YoutubeビデオをMP4でダウンロードします。
指定した画質とフォーマットでYoutubeのビデオをローカルのハードドライブにダウンロードできます。

13 複数のサイトをサイト・グループとして開きます。
クリック1回で多くのサイトをまとめてグループとして保存し、開くことができます。

14 空模様と天気予報
現在の天気の状況や天気予報をブラウザウィンドウで直接表示することができます。

15 ポップアップ・ブロッカーでポップアップをブロックします
迷惑なポップあなたポップアップ及びポップアンダー広告を消します。邪魔されることなくウェブサーフィングできるようにします。

16 人気のあるウエブサービスと統合します
Twitter、Google Plus、Blogger、Wordpress、Gmail、Hotmail、StumbleUpon等を統合します。

まだ、僕も試してない機能もあります。

さて、linuxBeanへのインストールです。

1 まず、SlimBoatのサイトにいき、Linux版のSlimBoatをダウンロードします。
 SlimBoatのサイトは http://www.slimboat.com/jp です。


















2 ダウンロードから
 僕は、Debian-ベースのlinux (Ubuntu、Debian及びその他):
 Ubuntu (debパッケージ, 32ビット)用SlimBoatウェブブラウザ ( 21.22MB , 2015-02-6 )
 をダウンロードしました。


















3 ダウンロードしたファイルをクリックすると、インストールがはじまります。






















4 インストールの画面です。「Install Package」をクリックします。



5 インストールが終了すると、「メニュー」>「インターネット」に「SlimBoat」が登録されているので、デスクトップ上に出しました。

















6 これで、SlimBoatをデスクトップ上から起動できるようになりました。


僕のブログ紹介

 LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。
人気記事
僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!




2016年1月19日火曜日

linuxBeanインストール:linuxBeanのflashplayerを自動で最新にする方法!

linuxBeanのflashplayerを自動で最新にする方法!







linuxBeanでflash Playerを手間をかけることなく最新版にする方法です。 非常に簡単な操作で、常に最新版にできます。< 1 まず、まず設定ウィザードでflashプラグインをインストールしてしまていたら、チェックを外して、アンインストールします。



















2 次にSynapticでflashplugin-installerというのを入れます。

















 これを初めて試した時は、、メニューに「flashplayerのインストール」みたいのが出るのかと思ったのですが、そうではなく、自動的に最新のものをブラウザに入れてくれるもののようです。いつもの11番台の最新版が入ってました。




2016年1月17日日曜日

PuppyLinuxインストール:速いブラウザSlimBoatをインストール!

SlimBoatという動作が速いというブラウザをPuppyLinuxに






SlimBoatという動作が速いというブラウザをPuppyLinux(Slacko6.3.0)にインストールしました。

 PuppyLinuxをメインで使っていると、どのアプリケーションに対しても速さを求めてしまいます。OSが速いのにアプリケーションが遅いのでは、軽いOSを選んだ意味がありません。


1 Slimboat Browser:http://www.slimboat.com/
で、「Download Now」 と書かれたボタンを押すとダウンロードページへアクセスします。






















 Linux Versionの項をみると、 ubuntu用の deb パッケージもありますが、驚いたのは、PuppyLinuxの記載まであります。























 ※ Puppy Linux の場合は、SlimBoat Web Browser for Linux (tar.xz, 32bit) をダウンロードして、必要なら、 GStreamer libraries をダウンロードして、「slimboat/libs」 に解凍しろと記載してあります。
Puppy Linux にインストールするときの注意書きがあるソフトウェアなんて初めてで、とても好感がもてます。

2 SlimBoat Web Browser for Linux (tar.xz, 32bit)とlibgst.tar.xzを適当なフォルダにダウンロードします。










3 SlimBoat Web Browser for Linux (tar.xz, 32bit) を解凍します。


















4 libgst.tar.xzを解凍します。













5 slimboadのフォルダを、僕は/optに移動して先程解凍したlibgst.tar.xzを解凍したものをslimboat/libsにコピーしました。




















6 「slimboat.sh」をデスクトップにドラックしてアイコンを設定しました。




















7 「slimboat」のアイコンをクリックするとブラウザが起動しますが、数秒で起動しました。





2016年1月16日土曜日

生活:サラリーマンも使いたい通学用電動アシスト「アルベルトe」!

通学用電動アシスト「アルベルトe」2016年モデル発売






 おはようございます。今日は遅く起きました。9:20です。

 ブリヂストンサイクルは、得意のベルトドライブを採用した通学用電動アシスト自転車「アルベルトe」2016年モデルを11月下旬より発売しています。

 なんといっても、ベルトドライブは注油の必要がなく、油汚れとは無縁のところが魅力ですね。

 「アルベルトe2016年モデル」は、乗車時のお尻の痛みを緩和させた独特のサドルや、前方から足元まで照射する1.3WLED搭載のランプを採用あうることで、安全性と快適性を高めた通学用電動アシスト自転車となっています。

 またぎやすい形状のL型フレームやスポーティな形状のS型フレームなど、バッテリー容量・変速段数・タイヤサイズが異なる計6モデルを用意しています。

 この仕様は、学生の通学のためだけでなく、会社員が通勤に使うのにも最適だと思います。

 晴れた日などは、運動不足の解消も兼ねて、自転車通勤はどうでしょう。

きっと、通勤電車は、マイカーで通勤するより早く勤務先に到着してしまうことに驚くでしょう。
 
 しかも、お金を出して、スポーツジムに通うより精神的にも経済的にも、負担軽減になるのは間違いありません。

 
















デュアルドライブ(両輪駆動)で、トラブルの少ないメンテナンス性と、力強い走行性能を実現。チェーンと比べて故障が少ないカーボンベルトは、注油不要のローメンテナンスで、革靴やズボンがチェーン油で汚れないことがない。前輪が空転を感じた瞬間にアシストを抑えてスリップを回避するスリップ制御システムと、レバーを強く握り続けることなく、楽に減速できるブレーキアシストシステムを搭載している。


 カラーは、M.スパークルシルバー、T.アンバーブラック、T.スノーアクア、T.フロスティーホワイト、M.シェリーピンクの5色です。



2016年1月15日金曜日

Andoid-x86:マルチウィンドウが使える PCで動く「Android互換OS」Remix OS for PC

PCで動く「Android互換OS」Remix OS for PC






 おはようございます。6:10のブログです。

 僕は、android-x86 をコンピュータにインストールして、活用していますが、せっかく
大きな画面なのにMS WINDOWSやLinuxのようにマルチウインドウが使えないものかなと考えていました。

 そんな中、1月12日に、Remix OS for PCがリリースされました。まだα版ですが、いろいろと情報を集めてみました。
 
 まず、本家の情報は www.android-x86.org にあります。




 
















 android-x86と同じように、USBメモリを使用できるタイプのOSのようです。
セットアップは非常に簡単とあるレポートにかかれていました。

 事前に準備するものは「USB3.0に対応したUSBメモリ」と書いていますが、実行速度さえきにしなければUSB2.0でも十分なようです。

 当然ですが「USBメモリからレガシーブートできるPC」が必要で、EFIブートは非対応らしいです。

 USBメモリは事前にFAT32でフォーマットします。容量8GB以上、20MB/s以上の書込みスピードがあればさらに良いようですが、まだアルファ版なので、自宅に余っているUSBメモリを使用することにします。

1 ファイル一式は、ここからダウンロードできます。

2 まず、ダウンロードしたら、zipファイルのなっているので解凍します。

3 解凍すると、テキストファイルとISOファイル、EXEファイルがあらわれます。

4 先に用意したUSBメモリを使って、PCから付属のツール(remixos-usb-tool-B2016011102.exe)でISOイメージを書き込みます。

5 PC起動時にBIOSかBootメディアを選択する画面を表示し、USBメモリからブートします。

6 ブートメニューには2種類あります。1つはLiveCD相当のGuestモード、もう1つはResidentモードで実際に運用するにはこちらを選択します。 今後のandroid-x86の方向性を示すものとして素晴らしいOSだと思いますが、Google Playが使えないのは残念です。この状態では、apkファイルを使ってアプリをインストールするより手がありません。

 android-x86でありばGoogle Playが使用できるので、いずれは使用できるようになると思うのですが。