グーグルアドセンス



2016年1月28日木曜日

受験生にこんな風に応援できたら・・・

「私には夢がありました」!






 大学のセンター試験があった1月16・17日の2日間、福島県にあるJR郡山駅の改札内に黒板が設置されました。そこに書かれていたのは「受験生のみなさまへ」と題したメッセージ。企画したのは、ともに23歳の女性駅員2人で、「教師になる」という夢を叶(かな)えられなかった経験をもとに書いたそうです。

 その黒板に書かれたメッセージがこれです。
出典: JR郡山駅提供

「受験生のみなさまへ」全文

 試験初日の16日。午後3時ごろに、在来線の改札内に黒板が置かれました。そこには、こんなメッセージがありました。 平成28年1月 受験生のみなさまへ いつもJR東日本郡山駅をご利用いただきありがとうございます。
今、このメッセージを書いている私も、数年前はみなさんと同じように受験生でした。その頃、私には夢がありました。
学校ではもちろん、帰宅後もたくさん勉強しました。通学途中の電車での数分間も友だちといっしょに予習・復習。
時には、参考書を片手にうたた寝をして降りる駅を寝過ごしてしまうなんてこともありました。
そして迎えた試験当日。最後まであきらめず全力で取り組みました。
現在私は、駅員のひとりとして働いています。これから夢に向かうみなさんのために駅での仕事を通して微力ながらもお力添えができれば幸いです。そして、そのような仕事に出会えたことを誇りに思っています。
残念ながら、あの頃抱いていた夢は叶えることができませんでしたが、道はひとつではありません。
みなさんが今持っている夢や目標のために、ぜひ全力で取り組んでほしいと思います。きっと何かが見えてくるはずです。
郡山駅社員一同、心より応援いたしております。


このメッセージに込められた思いは、『今持っている夢は、今しか持てない』ということ。高校・大学と教師になるのが夢だったのですが、今は駅員として誇りを持って働いています。これから、いろんな世界に出て、いろんなものを見る機会があると思いますが、その時持っていた夢は決して無駄にはならない、ということが伝わればと思いました」と駅員さんは言っています。



書いていることや言っていることがうそ臭くなくて、自然に頑張ろうという気持ちが湧いてきます。よく「夢は必ずかなう。頑張れ」という言葉を耳にしますが、果たして、そうだその通り、頑張るぞ!と思う人がどれだけいるでしょうか?

真実を述べた、やさしさにあふれたメッセージに感動します。

○僕のブログ紹介

 LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。
人気記事
僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!



0 件のコメント :

コメントを投稿