グーグルアドセンス



2016年2月12日金曜日

DebianDogでMS WINDOWSを遠隔操作!

DebianDog マルチユーザーで運営する方法!






 おはようございます。6:00です。今日は朝から温かい日です。週末は雨になるようです。

 最近、軽量で高品質な「DebianDog」を試してばかりいます。

 「root」権限から、一般ユーザー権限に移行する方法がわかったので、切り替えながら、実験をしています。

 プロキシの必要な環境などはユーザー別にしていしたり、一般ユーザーでないと動かないアプリケーションは、「root」以外のユーザーでインストールしています。

 以前、パソコンの遠隔操作やサポートを行うことができる「TeamViewer」をインストールしましたが、「root」権限では動作しなかったのを思い出して、「DebianDog」にインストールしてみました。

 結果はうまくいきました。

 では、TeamViewerのインストール方法です。

1「DebianDog」の本体は「Debian」なので、TeamViewerのホームページから、Ubuntu,Debian対応のものをダウンロードしました。

 ダウンロードのURLは、 https://www.teamviewer.com/ja/download/linux.aspx になります。



2 ダウンロードした、ファイルを適当なフォルダに保存します。



3 ダウンロードしたファイルを右クリックして、「install-deb-andーdependencies」を選択しました。



4 あとはメッセージにしたがって、インストール終了するだけです。

5 「TeamViewer」の本体は /opt にあるので、「TeamViewer」のショートカットをディスクトップに作成しました。

6 ディスクトップの中央くらいの位置に「TeamViewer」のアイコンがあります。

7 「TeamViewer」を起動して、相手側の「MS WINDOWS」を操作しているところです。



□ 自家製ヨーグルトで健康生活 やっぱり健康が一番 ブログも健康でなければ書けません。


□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は同じですから


□ 新しいレッツノートがほしい


○僕のブログ紹介

LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。
人気記事
僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!



0 件のコメント :

コメントを投稿