グーグルアドセンス



2016年2月8日月曜日

PAE対応 DebianDog 日本語版のブラウザはIceweasel!Slacko、Puppy tahrとトリプルブート!

PAE対応 DebianDog 日本語版のブラウザはIceweasel!Slacko、Puppy tahrとトリプルブート!






 おはようございます。6:30です。今日は寒い朝です。週末からは暖かくなるようですが、雨模様と天気予報がいっていました。

 PAE対応のDebianDog 日本語版がアップされていましたので、早速USBメモリにインストールしました。

 ダウンロードは、DebianDog-Jessie-jwm_icewm-2915-09-02-PAE-jp.iso からできます。

 インストールして気づいたのは、ブラウザが「midri」から「Iceweasel」になっていることです。「Firefox」をメインに使っている僕にとっては、互換性のあるブラウザをデフォルトで導入できるのはうれしいことです。



 では、DebianDog 日本語版のインストール方法です。

1 まず、USBメモリーを下の図のようにパーティションに分割しました。いつものようにUSBの先頭には「 ntfs」でフォーマットした領域を設けています。これはMS WINDOWSとデータのやりとりを行うためです。



2 「sb3」のパーティションにはすでに「Slacko」と「Puppy tahr」が簡易インストールされています。



3 いよいよ、「sb3」にDebianDog 日本語版をインストールします。インストールCDディスクから起動します。また。ISOファイルも用意しておきます。インストールCDから起動して、メニュー>システム>DebianDog-Flugal-Installを選択します。



4 下の図の、左側からインストールするパーティションを選択。右側のSelect DebianDog iso にダインロードしたDebianDogのISOファイルを指定して、installをクリックします。あとは、質問に答えていくだけでインストールできます。



5 後はマルチブートするための設定ですが、下の図のようにmenu.lstを作成しました。以上で、DebianDog 日本語版をインストールは完了です。



 自家製ヨーグルトで健康生活


新しいレッツノートがほしい


○僕のブログ紹介

LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。
人気記事
僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!



0 件のコメント :

コメントを投稿