グーグルアドセンス



2016年5月13日金曜日

軽量Linux:Kona Linux Ubuntu Edition のグラフィックソフト AzPainter!

軽量Linux:Kona Linux Ubuntu Edition のグラフィックソフト AzPainter!







 最近、気になっているKona Linux Ubuntu Edition に最初から導入されているアプリケーションを見ていると、グラフィックのジャンルに「AzPainter」というのがありました。



「AzPainter」はMS WINDOWSでも有名なペイントソフトです。そのソフトを導入していることにセンスを感じます。

よくUbuntu系のOSには、「Gimp」が導入されていたりするのですが、僕には「Gimp」は機能がありすぎてかえって使いづらい気がしていました。

さて、「AzPainter」は
レイヤーやマスク処理に対応するペイントソフトでWindows標準の「ペイント」と同じくらい軽快に起動するのが特長です。

画像形式は、レイヤーを含められる独自形式のほか、BMP/JPEG/GIF/PNG形式の読み込み・保存に対応しています。ブラシは「鉛筆」「水彩」「スプレー」などが、描画方法は「自由線」「直線」「四角枠」などが用意されています。レイヤーは、種類を「乗算」や「オーバーレイ」など15種類から選択することが可能です。マスク処理にも対応しており、指定色が塗られた部分を上書きできないように保護したり、あるいは指定色以外の部分を保護できる。そのほかレタッチ関連では、トリミングや90度単位の回転といった基本機能や、明度・コントラスト・レベルの補正、ぼかしやシャープ化、モザイク、セピア化などの機能を備えていて、十分な機能をもっています。
(窓の杜より)

「AzPainter」のメイン画面です。



僕はこれに、MS WINDOWN対応のレタッチソフト「Jtrim」をインストールしています。

「Kona Linux Ubuntu Edition」には最初から、「Wine」が導入されているので、インストールはMS WINDOWSの時と まったく同じです。

1 Jtrimをダウンロードします。



2 ダウンロードしたJtrimのセットアップファイルをクリックします。



3 次へをクリックしていくとインストールが終了します。



4 デスクトップ上にJtrimのアイコンも作成されていました。



ペイントソフトの「AzPainter」とレタッチソフトの「Jtrim」を起動してみました。僕はこの2つがあれば十分です。 もちろん、高機能な「Gimp」もインストールしておいても良いと思います。



□ 地震対策セット

玄関先に置いておき、何かあればすぐにこれだけを持って逃げることが出来ます。地震が起これば当然ですが、あれこれ、迷う時間はありません。デザインもシンプルですので邪魔になることはないでしょう。これで当分の危機はしのげるはずですので、その他日頃から飲んでいる薬があれば、これにいれておくといいかもしれません。



□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。


□ 新しいレッツノートがほしい!

あこがれのレッツノート。バッテリーでの長時間の駆動といい、軽量ながらも堅牢さを追求したデザインといい、素晴らしいパソコンに間違いありません。


□ Dellのコンピュータもいいよ!

デルはコストパフォーマンスに優れたメーカーです。他社のPCよりも10%程度は安い場合が多いです。だからといって性能が後っているわけではないです。デルのPCの世界シェアは、現在はNo.3ですが、以前はNo.1でした。
最初にパソコンを購入するときは家電の店員さんに勧められるがまま、富士通やNECを購入する人が多いです。でも2台目からはDELLなどのコストパフォーマンスに優れたパソコンを購入する人が多いことをみると良いコンピュータであることは間違いないです。


○僕のブログ紹介

LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。
人気記事
僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!



0 件のコメント :

コメントを投稿