グーグルアドセンス



2016年8月25日木曜日

軽量Linux:antiXという選択 antiXで仕事も捗る!

軽量Linux:antiXという選択 antiXで仕事も捗る!






 先日までDebianDogを仕事に活用するまでをブログに書き留めていましたが、antiXというディストリビューションも安定していて、しかもデスクトップがスッキリしているので試してみることにしました。
 ダウンロードは下記のurlからできますので試して見てください。
antiX-16_386-full-jp.iso 04-Jul-2016 15:40 768M 
ライブCDの部屋の運営者がしっかり日本語化してくれています。
 768MBという大きさにLibreOfficeまで導入されているのは驚きです。
 しかも、日本語入力は mozc が導入されていて、誤変換も少なくなっています。
screenshot

LibreOfficeを起動してみました。

screenshot_1

僕は仕事をするとき、よくLibreOfficeを使うので、ディスクトップにショートカットを作成することにしました。

1 まず、ファイルマネージャーを使って、/usr/share/applications を開きます。その中に LibreOfficeのショートカットがあるので、ディスクトップにドラッグドロップするだけです。

screenshot_2
---
□広 告
--- □コンピュータ関連の機器だけでなく、生活に必要なものは、断然ネットショップが安い気がします。探せば送料無料のものもたくさんあり、僕は、楽天やアマゾンを良く利用しています。

2 ショートカットを使ってLibreOfficeを起動させてみました。

screenshot_3

3 よく使うWriterです。さくさく動作します。
 
screenshot_4

□僕のLifeWork
---
□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するために残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いますしたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。
PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。



スポンサーリンク




0 件のコメント :

コメントを投稿