グーグルアドセンス



2016年9月16日金曜日

軽量Linux:DebianDogに軽量ブラウザのOpera をインストール!

軽量Linux:DebianDogに軽量ブラウザのOpera をインストール!







 先日、DebianベースのantiXに軽量ブラウザのOperaとVivaldiのインストールに成功したので、今度は同じDebianベースのLinuxである、DebianDogにOperaをインストールしてみました。

 ご存知のようにOperaは、ルウェー企業Opera Softwareが開発したものです。その企業を中国の企業グループが買収するという計画が進んでいました。しかし、買収はプライバシーに関する懸念によって失速しているということを。Reutersが報じています。

 Kunqiコンソーシアムと名乗る中国の企業グループは、Opera Softwareの買収を希望していました。Opera Softwareは、ウェブブラウザに加えて、他の企業向けに多数の製品およびサービスを提供していることはご存知のとおりです。

 しかし、消費者やその個人情報に関する懸念が浮上したことで、同コンソーシアムは計画を再考する姿勢を見せ、Operaの事業の一部を買収することを検討し始めているそうです。同コンソーシアムはOperaの一部の製品とサービスを切り離して買収する方向で計画を進める予定だと、Reutersは報じています。

 Reutersによると、買収は米規制当局の承認待ちでしたが、Kunqiコンソーシアムは、買収によってユーザーのプライバシーが侵害されないことが確認されるまでにかなりの時間がかかる可能性があることを知り、尻込みしたと報じています。

 せっかく、良いものを開発しても、財力のある企業に買収されて、その質が落ちていくというのはよくある話です。Operaが今までどおりノルウェーの企業、Opera Softwearの傘下にあることを祈っています。

 しかし、現在 Operaは軽量で使いやすいブラウザであることには違いがありません。買収されないことを祈りながらインストールしていくことにします。

今の僕のDebianDogのデスクトップです。DebianDogの背景は子犬のものから変更しています。



1 まず、Operaをダウンロードします。

Operaは http://www.opera.com/ja/computerからダウンロードできます。

2 ターミナルを起動して、Operaを保存した場所で、

$ gdebi opera-stable_39.0.2256.71_i386.deb

とすれば、簡単にインストールできるはずです。前にも述べましたが、gdebi は、必要なライブラリがあれば、それを自動的にダウンロードして、インストールできるすぐれものです。ぜひ、導入しておくことをおすすめします。



3 無事インストールが終了したら、デスクトップにOperaのショートカットを作成しておくことをおすすめします。

4 ここで、Operaを自宅で使用する文には問題がなかったのですが、出先でOperaを活用したい場合、プロキシーがネックになりました。

Firefoxであれば、ブラウザ上でプロキシーの設定ができるのですが、Operaの最新版にはありません。いろいろと調べた結果、Operaの起動オプションに、

--proxy-server="proxy.example.com:8080;https=proxy.example.com:8080"

もちろん、うえの表記は実際のものと合わせる必要があります。最初はhttpのないものはデフォルトでhttpを示しています。httpsの表記がないと、Gmailなどに暗号化されたウェブサイトにアクセスできないので、注意してください。



ここまでくれば,Operaに用意されている拡張機能を追加することで、更に使いやすくなります。

僕は、FacebookのメッセンジャーとTwitterを導入しています。



たくさんの拡張機能があるので、試してみるといでしょう。本当にブラウザだけで、仕事ができる世の中になってきました。



---------------
□広 告
---------------

□コンピュータ関連の機器は断然ネットショップが安い気がします。探せば送料無料のものもたくさんあり、僕は、楽天やアマゾンを良く利用しています。また、製品の評価もネットでは沢山あるので、ひょっとしたら、実際に店員さんに聞くより正確かもしれません。
☆おすすめのノートパソコン タブレット もこちらで購入することもできます。


----------------------
□僕のLifeWork
----------------------
 僕のLifeWorkはお金をかけずに生活を楽しむことです。特にコンピュータ関係はインターネットなどの発達により、日常的に使うのが当たり前になってきました。次々と新しいコンピュータやオペレーティング・システムを購入するお金はありません。そこで、無料のLinuxを使ってネット生活をしていますが、その中でも、PuppyLinuxという軽量で魅力あるオペレーティング・システムについて学んでいます。

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するために残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いますしたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。
PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。
ノートパソコンやモバイルパソコンは、日常的に使うようになってきました 。毎日使うものには、少しお金をかけてもいいかもしれません。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿