グーグルアドセンス



2016年10月14日金曜日

TriOSのポリシーに刺激されて「WindowsXPベースのマシンをよみがらせる」-軽量Linuxはこれで決まり!

TriOSのポリシーに刺激されて「WindowsXPベースのマシンをよみがらせる」-軽量Linuxはこれで決まり!







先日、Windows XP 環境向けにというポリシーの元、ToriOSが発表されました。

現在の傾向がUbuntuをはじめ、機能を多くし、容量が肥大化するなかで、CDに収まる容量で提供されています。

その名も「ToriOS」ToriOSの日本語サイト http://torios-jp.jimdo.com/

僕も実際に「ToriOS」をダウンロードして、インストールに挑戦しましたが、どのコンピュータのハードウェアを自動認識するというまでにはいたっていませんでした。

しかし、今から、注目に値するOSであることには間違いありません。

では、「ToriOS」以外にWindows XPに代わる軽量Linuxを考えてみました。

すべて、実際に使ってみた経験から列挙します。条件はセットアップディスク(インストールディスク)がCDのサイズに収まることが第一条件です。

1 何と言っても「PuppyLinux」です。この軽快さを経験すると、「root」でログインしての操作というデメリットは忘れてしまいます。

そのなかでも、

○ PuppyLinuxの日本語フォーラムの「Puplets」で提供されている「tahrpup 6.0.5 日本語化版シンプル」はお勧めです。

最初から日本語化されていて、インストールも日本語で安心して行えます。

「tahrpup 6.0.5 日本語化版シンプル」

ダウンロードは「パピーリナックス日本語フォーラムへ



次に、PuppyLinuxでお勧めなのは、「Slacko Puppy」です。

ダウンロードは http://slacko.eezy.xyz/index.phpからできます。



あまり、メジャーにはなりませんでしたが「VividPuppy」もお勧めです。

ダウンロードは、https://archive.org/details/Puppy_Linux_Vividpupからできます。



日本語化されていないPuppyLinuxも「lang_pack_ja-2.0.sfs 」で簡単に実現できます。もちろん日本語の入力も同時に可能になります。

ダウンロードは、http://shinobar.server-on.net/puppy/opt/ からできます。

2 次にお勧めなのは、DebianDogとantiXですが、DebianDogのフォーラムは現在、閉じられてしまっています。

antiXはDebianベースのOSですが、残念ながらanti16はCDに収まるサイズではありません。ここは少しこだわって、anti15 をお勧めしたいと思いあmす。

「ライブCDの部屋」さんが日本語化してくれていて、

http://ftp.riken.go.jp/Linux/simosnet-livecd/antix/ からだうんろーどできます。

このOSにもずいぶんお世話になりました。



「ライブCDの部屋」さんによると
antiXはdebianベースの軽量指向ディストリビューション。 動作は非常に軽く、起動時消費メモリーは100MBを大きく下回ります。 ウィンドウマネージャーはicewm,jwn,fluxboxといった軽量トリオを使用しています。 isoファイルはCDサイズにもかかわらずひととりのアプリは揃えてあり、libreofficeまであるのは驚きです。 システムツールのmetapackage installerを使うと代表的なアプリケーションを簡単にインストールできます。 32ビットの場合、カーネルは非pae対応ですがマルチプロセッサー対応にリコンパイルされた専用カーネルを使用しています。
と書かれてあります。

もちろん、CDに収まるサイズでなくてもいいなら「anti16」も推薦です。

3 ubuntuベースのOSでおすすめは「Bodhi Linux」です。

今月になって、「Bodhi Linux 4.0.0 Beta」が発表されています。



とてもシンプルなディスクトップ画面です。

ダウンロードは、http://www.bodhilinux.com/ から行えます。

詳しいことは日本語のサイト、仏教徒のための Bodhi Linux 入門?! が大変詳しいです。

---------------
□広 告
---------------

□コンピュータ関連の機器は断然ネットショップが安い気がします。探せば送料無料のものもたくさんあり、僕は、楽天やアマゾンを良く利用しています。また、製品の評価もネットでは沢山あるので、ひょっとしたら、実際に店員さんに聞くより正確かもしれません。
☆おすすめのノートパソコン タブレット もこちらで購入することもできます。


----------------------
□僕のLifeWork
----------------------
 僕のLifeWorkはお金をかけずに生活を楽しむことです。特にコンピュータ関係はインターネットなどの発達により、日常的に使うのが当たり前になってきました。次々と新しいコンピュータやオペレーティング・システムを購入するお金はありません。そこで、無料のLinuxを使ってネット生活をしていますが、その中でも、PuppyLinuxという軽量で魅力あるオペレーティング・システムについて学んでいます。

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するために残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いましたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。
PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。
ノートパソコンやモバイルパソコンは、日常的に使うようになってきました 。毎日使うものには、少しお金をかけてもいいかもしれません。



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿