グーグルアドセンス



2017年2月22日水曜日

軽量Linux:PuppyLinuxの方向性と願い!

軽量Linux:PuppyLinuxの方向性と願い!







 最近のLinuxの動向をみると、重量化、64ビット化の方向にシフトしていると思われます。

 しかし、決してOSの開発者でない、自分たちはそのことを望んではいません。

 一般的に文書作成やインターネットが軽快にできれば、ほとんどの仕事はこなすことができるのではないでしょうか?

 PuppyLinuxは決して重量化の方向に走らないで欲しいと願っています。

 僕が、軽快なOSとして注目しているものを挙げさせてもらたいと思います。

1 antiX

antiX は、高速、軽量でインストールが簡単な Linux Live CDディストリビューションで、Debianをベースにし、 Intel-AMD x86 互換システムで動作します。

 antiXの情報は https://ja.osdn.net/projects/sfnet_antix-linux/ を見るのが一番いいと思います。

2 Dpup Wheezy 3.5.2.11

PuppyLinuxのPupletsで、少し古いですが、Debianベースでlang_packによる日本語化が可能。安定性は抜群。

情報は https://archive.org/details/Puppy_Linux_Dpup_Wheezyを見るのが一番良いと思います。

3 PupJibaro jessie

 このPupletsも名前の通りDebianベースです。

Synapricが使用できるものも発表されていますが、安定性は pupjibaro_jessie_fluxbox が一番です。

 情報は https://sourceforge.net/projects/pupjessie/files/?source=navbar を見るのが一番です。

4 YARA OS v2

 PuppyLinuxとは思えないほど、エレガントなPupletesに仕上がっています。デスクトップの美しさやウィンドウの 動きに圧倒されます。

 ウェブサイトも企業並みです。情報は http://yara-osx.weebly.com/ を見るのが一番です。

5 Carolina: Vanguard Edition - Release 2

 少しサイズが大きいPuppyLinuxですが、思いの外軽快です。情報は http://www.murga-linux.com/puppy/viewtopic.php?t=96863 が詳しいです。LibreOfficeやSkype など、ほしいと思うものはすべて搭載されている感じです。

6 LxPup

LxPupは、LXDEデスクトップ環境を用いたPuppy Linuxのバージョンです。とても地道な開発をしていて好感がもてます。

情報は、https://ja.osdn.net/projects/sfnet_lxpup/ から得ることができます。

これらのLinuxが今の軽量化の方向のまま、開発が進んでくれることを祈っています。

------------------------------------------------------------
□無料のオフィスアプリケーションの紹介
------------------------------------------------------------



---------------
□広 告
---------------

□コンピュータ関連の機器は断然ネットショップが安い気がします。探せば送料無料のものもたくさんあり、僕は、楽天やアマゾンを良く利用しています。また、製品の評価もネットでは沢山あるので、ひょっとしたら、実際に店員さんに聞くより正確かもしれません。
☆おすすめのノートパソコン タブレット もこちらで購入することもできます。


----------------------
□僕のLifeWork
----------------------
 僕のLifeWorkはお金をかけずに生活を楽しむことです。特にコンピュータ関係はインターネットなどの発達により、日常的に使うのが当たり前になってきました。次々と新しいコンピュータやオペレーティング・システムを購入するお金はありません。そこで、無料のLinuxを使ってネット生活をしていますが、その中でも、PuppyLinuxという軽量で魅力あるオペレーティング・システムについて学んでいます。

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するために残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いましたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。
PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。
ノートパソコンやモバイルパソコンは、日常的に使うようになってきました 。毎日使うものには、少しお金をかけてもいいかもしれません。



---------------------------------------------
□ぷーたろーの飄々日記
---------------------------------------------

 TITLE インフルエンザの熱

 熱は次第に治まってきたが、咳がまだでる。

 年をとるとなかなかすぐには治らない

 早く、週末が来ないかな〜


スポンサーリンク



---------------------------------------------
□本当に必要なOSの選択とは
---------------------------------------------

 自分たちにとって本当に必要なOSとは何でしょうかまず、思いつくのは仕事に必要なOSです。それは、高価なOSでないとできない仕事ですか?文書が作成できて、インターネットができることで9割以上は大丈夫だというなら、無料のOSも考えてみたらどうでしょう。


---------------------------------------------
□あすすめウェブサイト
---------------------------------------------

月10万円の副収入で生活らくらく!
LibreOffice無料で楽しく

0 件のコメント :

コメントを投稿