グーグルアドセンス



2018年2月2日金曜日

軽量Linux:2018年2月1日 Microsoft Officeとの互換性強化したLibreOffice 6.0が正式リリース!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


昨日、2018年2月1日 Microsoft Officeとの互換性強化したLibreOffice 6.0が正式リリースされました。

以前から、LibreOffice 6.0のベーター版を使っていましたが、不具合などはほとんど感じませんでした。

そういったこともあって、ベーター版から正式版の発表する期間も早かったと思います。

対応プラットフォームはWindows,macOS,Linuxのほか,クラウド版も用意されています。ただし、Windows XPおよびVistaはサポート対象外になりました。

確か、6.0以前は、サポートされていたように思うのですが・・・

最初の5.xから2年半ぶりのメジャーアップデートとなったLibreOffice 6.0では,ノートブックバーやメニューアイコンの改善など機能面およびインタフェース面で多くの変更が実施されています。

デザイン的には洗練されたという印象を受けます。

さらに、CalcではODF 1.2互換機能となるSEARCHB,FINDB,REPLACEBなどが追加され,ISO標準フォーマットのサポートが改善されているほか、Impressではモダンスクリーンに対応するためデフォルトサイズが16:9に変更されています。テンプレートも10個追加されています。

大きな特徴は、Microsoft Officeドキュメント(OOXML)との互換性が大幅に強化されていることです。

SmartArtのインポート、ActiveXコントロールのインポート/エクスポート、エンベデッドテキスト/スプレッドシートのサポート、エンベデッドビデオのPPTXへのエクスポート、クロスリファレンスのDOCXへのエクスポート、MailMergeフィールドのDOCXへのエクスポートなどが新たにサポートされています。またファイルの破損を防ぐためにPPTXフィルタの改善も行われています。

セキュリティ面でも強化されており、ODFドキュメントに署名する際、すべてのデスクトップOS上においてあOpenPGPキーが利用可能となっています。

最新のLibreOffice6.0をPuppy Linuxにインストール!

最近は、「ライブCDの部屋」さんのウェブサイトに、linuxBean 16.04が公開されていたので、このLinuxを仕事をするためのメインOSにしようかとも思っています。

しかし、ArtfulPupやDpup Stretchも使いつづけていくと思いますので、LibreOffice6.0をこれらのPuppy Linuxでも使用できるように考えてみました。


LibreOffice6.0のダウンロード・インストール

まず、先日公開されたばかりのLibreOffice6.0をダウンロードします。

LibreOfficeの公式サイト

https://ja.libreoffice.org/

からダウンロードします。



初期の状態では、「.rpm」をダウンロードする設定になっています。もちろん「.deb」に変更しました。

https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice/?type=deb-x86&version=6.0&lang=ja

から、「メインインストーラー」、「日本語訳インターフェース」、「日本語のLibreOffice組み込みヘルプ」の3つのファイルをダウンロードします。

3つとも tar.gz で圧縮されているので、クリックして解凍します。



解凍すると、「LibreOffice_6.0.0.3_Linux_x86_deb」→「DEBS」の中にたくさんの deb ファイルがあります。これらすべてが LibreOfficeのプログラムになります。



ひとつひとつインストールすることは大変なので、 sudo dpkg -i *.deb を使用します。 残念ながら、 sudo dpkg -i *.deb のコマンドは、ArtfulpupやDpupでは使えませんでした。 そこで、「BionicDog」や「XenialDog」の力を借りることにしました。

「BioniclDog」でLibreOffice(最新版) v6.0をインストールします。同じように「日本語化ファイル」、「ヘルプファイル」もインストールします。

「BioniclDog」は

sudo dpkg -i *.deb

が使えます。

インストール後、/opt をみると「libreoffice6.0」のフォルダができているはずです。



そのフォルダごと、AutfulpupやDpupの /opt にコピーします。

「libreoffice6.0」のフォルダの中の「program」フォルダの中に、Libreofficeの実行ファイルがあります。

僕は、「soffice」だけをディスクトップにショートカットを作成しました。

「soffice」のショートカットをクリックすると下記のようになるので、利用したいアプリケーションを起動します





これで、他のPuppy Linuxでも最新のLibreOfficeを使えるようになりました。

もちろん、BionicDogでもLibreOfficeの最新版が利用できます。

Writer です。



Impress です。



Calcです。



その他にも、数式の機能をもった 「Math」データベースの「Base」なども使用できます。





□□□ 得々情報 □□□

------------------------------------------------------------
□無料のオフィスアプリケーションの紹介
------------------------------------------------------------



---------------
□広 告
---------------

□コンピュータ関連の機器は断然ネットショップが安い気がします。探せば送料無料のものもたくさんあり、僕は、楽天やアマゾンを良く利用しています。また、製品の評価もネットでは沢山あるので、ひょっとしたら、実際に店員さんに聞くより正確かもしれません。
☆おすすめのノートパソコン タブレット もこちらで購入することもできます。


----------------------
□僕のLifeWork
----------------------
 僕のLifeWorkはお金をかけずに生活を楽しむことです。特にコンピュータ関係はインターネットなどの発達により、日常的に使うのが当たり前になってきました。次々と新しいコンピュータやオペレーティング・システムを購入するお金はありません。そこで、無料のLinuxを使ってネット生活をしていますが、その中でも、PuppyLinuxという軽量で魅力あるオペレーティング・システムについて学んでいます。

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するために残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いましたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。
PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。
ノートパソコンやモバイルパソコンは、日常的に使うようになってきました 。毎日使うものには、少しお金をかけてもいいかもしれません。



---------------------------------------------
□ぷーたろーの飄々日記
---------------------------------------------

 TITLE:  僕も使っている楽天カードがお得です!

 ネットショッピングでも街でのお買い物でも楽天スーパーポイントが100円につき1ポイント貯まる!一押しの1枚です。

・年会費永年無料
・海外旅行傷害保険付き
・楽天市場でのお買い物はいつでもポイント4倍
・ご利用可能額最高100万円
・入会された方全員に楽天スーパーポイント2,000ポイントプレゼント!
ただいま新規入会キャンペーン開催中!

詳細はこちら

★本会員様のお申込みと同時に家族カードのお申込みも簡単に可能!家族カード入会でもれなく1,000ポイントプレゼント!(年会費永年無料)





スポンサーリンク



---------------------------------------------
□本当に必要なOSの選択とは
---------------------------------------------

 自分たちにとって本当に必要なOSとは何でしょうかまず、思いつくのは仕事に必要なOSです。それは、高価なOSでないとできない仕事ですか?文書が作成できて、インターネットができることで9割以上は大丈夫だというなら、無料のOSも考えてみたらどうでしょう。


---------------------------------------------
□あすすめウェブサイト
---------------------------------------------

月10万円の副収入で生活らくらく!
LibreOffice無料で楽しく
Puppy Linux 非公式 サイト
もうWindowsはもういらないの内容を見やすく提供しています。

0 件のコメント :

コメントを投稿