グーグルアドセンス



2018年5月28日月曜日

軽量Linux:KLUE-3.0 Basix4.0とPuppy Linuxのマルチブート環境を構築する!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


最近、「ウィンドウズにおさらばした文系中高年」のブログで、「KLUE-3.0」が公開されたのを知りました。

「KLUE-3.0」はUbuntu 18.04ベースにしたディストリビューションで、日本人(コナコーヒー様)が開発してくれているので、最初から日本語化されています。

同様に、「Basix4.0」も「ライブCDの部屋」さんが開発されたものなので、最初から日本語化されていて、すぐに仕事に利用できます。

両者の違いは、

「KLUE-3.0」は最初から、有用なアプリケーションが整備されていること。

「Basix4.0」は必要なアプリケーションは自分で整備するよう構築されていることでしょうか。

ただし、そのためのツールはきちんとインストールされているので、困ることはいでしょう。

「KLUE-3.0」「Basix4.0」のダウンロード

「KLUE-3.0」「Basix4.0」のダウンロードはどちらも「ライブCDの部屋」から行えます。

「KLUE-3.0」のダウンロードリンク

「Basix4.0」のダウンロードリンク

どちらも、Ubuntu の標準的なインストールで、しかも日本語化されているので、問題ないでしょう。

「KLEU-3.0」



「Basix4.0」




「KLUE-3.0」「Basix4.0」と「Puppy Linux」のトリプル環境の構築!

さて、「KLUE-3.0」も「Basix4.0」も素晴らしいディストリビューションですが、僕はどうしても「Puppy Linux」で仕事をすることが多いので、「Puppy Linux」を 含めたトリプルマルチブート環境を構築することにしました。

Puppy Linux – 内蔵ハードディスクにインストール後のGRUB2の設定方法(KLUEとBasixのトリプルブート環境の構築)

ここで、つまづきました。

Puppy Linuxに付属の「Grub4Dos ブートローダー設定」では、「KLUE-3.0」「Basix4.0」を認識してくれませんでした。「menu.lst」を手動で書き換えても 認識してくれないのです。

そこで、最後にインストールした「Basix4.0」のgrub2を利用して、マルチブート環境を構築することにしました。

grub2では、「KLUE-3.0」「Basix4.0」を難なく認識してくれるのですが、Puppy Linux は .sfs にシステム構成を持つ構造上、GRUB 2 の update-grub で認識しません。手動での設定が必要です。

それには、「/etc/grub.d/40_custom」を編集する必要があります。

/dev/sda5/ に upupbbというフォルダを作成し、フルーガルインストールした、Puppy Linux upubb18.05 を認識させるスクリプトは、下記のようになります。

#!/bin/sh
exec tail -n +3 $0
# This file provides an easy way to add custom menu entries. Simply type the
# menu entries you want to add after this comment. Be careful not to change
# the 'exec tail' line above.

menuentry "upupbb 18.05 (sda5/upupbb)"{
set root=(hd0,4)
search --no-floppy --fs-uuid --set=root 24234db2-5fb5-40f7-aa4d-ce35df58f308
linux /upupbb/vmlinuz psubdir=upupbb
initrd /upupbb/initrd.gz

24234db2-5fb5-40f7-aa4d-ce35df58f308 の部分は /dev/sda5/ のuuidになります。

uuidは次のコマンドで調べることができます。

sudo blkid /dev/sda5

この後、ターミナルから

sudo update-grub

実行すれば、終了です。

しかし、再起動しても、メニューが現れずにデフォルトのディストリビューションが起動します。

この現象を修正するには、

/etc/default/grub を下記のようにする必要があります。

GRUB_DEFAULT=0
GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0
#GRUB_HIDDEN_TIMEOUT_QUIET=true
GRUB_TIMEOUT=7
GRUB_DISTRIBUTOR=`lsb_release -d -s 2> /dev/null || echo Debian`
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash"
GRUB_CMDLINE_LINUX="net.ifnames=0 stack_guard_gap=1"
GRUB_GFXPAYLOAD_LINUX=auto

#GRUB_HIDDEN_TIMEOUT_QUIET=true コメントアウト

GRUB_TIMEOUT=7

と設定しました。

これで、Grub2のメニューが表示され、Puppy Linux のトリプル環境が構築できました。

様々なPuppy Linuxの /etc/grub.d/40_custom



僕はDog系のPuppy Linuxも使用するので、そちらの方の 40_custom も例として公開しておきます。

自分の備忘録です。

#!/bin/sh
exec tail -n +3 $0
# This file provides an easy way to add custom menu entries. Simply type the
# menu entries you want to add after this comment. Be careful not to change
# the 'exec tail' line above.

menuentry "artfulpup 17.11 (sdb5/artfulpup)"{
set root=(hd1,4)


search --no-floppy --fs-uuid --set=root 1561e3b4-94af-4962-a8e1-a000103e2cbc
linux /artfulpup/vmlinuz psubdir=artfulpup
initrd /artfulpup/initrd.gz
}

menuentry 'XenialDog (sdb5/XenialDog)' {
set root=(hd1,4)
search --file --no-floppy --set=root /XenialDog/casper/vmlinuz
linux /XenialDog/casper/vmlinuz noauto from=/XenialDog/ changes=/XenialDog/casper/
initrd /XenialDog/casper/initrd1.xz
}

menuentry 'StretchDog32 (sdb5/StretDog32)' {
set root=(hd1,4)
search --file --no-floppy --set=root /StretchDog32/live/vmlinuz1
linux /StretchDog32/live/vmlinuz1 noauto from=/StretchDog32/ changes=/StretchDog32/live/
initrd /StretchDog32/live/initrd1.xz
}

menuentry 'DebLive_Stretch-i386-61 (sda8/DebLive_Stretch-i386-61)' {
set root=(hd1,4)
search --file --no-floppy --set=root /DebLive_Stretch-i386-61/live/vmlinuz1
linux /DebLive_Stretch-i386-61/live/vmlinuz1 noauto from=/DebLive_Stretch-i386-61/ changes=/DebLive_Stretch-i386-61/live/
initrd /DebLive_Stretch-i386-61/live/initrd1.xz
}





□□□ 得々情報 □□□

------------------------------------------------------------
□無料のオフィスアプリケーションの紹介
------------------------------------------------------------



---------------
□広 告
---------------

□コンピュータ関連の機器は断然ネットショップが安い気がします。探せば送料無料 のものもたくさんあり、僕は、楽天やアマゾンを良く利用しています。また、製品の 評価もネットでは沢山あるので、ひょっとしたら、実際に店員さんに聞くより正確か もしれません。
☆おすすめのノートパソコン タブレット もこちらで購入することもできます。


----------------------
□僕のLifeWork
----------------------
僕のLifeWorkはお金をかけずに生活を楽しむことです。特にコンピュータ関係はイン ターネットなどの発達により、日常的に使うのが当たり前になってきました。次々と 新しいコンピュータやオペレーティング・システムを購入するお金はありません。そ こで、無料のLinuxを使ってネット生活をしていますが、その中でも、PuppyLinuxと いう軽量で魅力あるオペレーティング・システムについて学んでいます。

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するために残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリー にインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切 ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いましたが、32 GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々 体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じで す。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽し んでます。
PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、 僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。
ノートパソコンやモバイルパソコンは、日常的に使うようになってきました 。毎日 使うものには、少しお金をかけてもいいかもしれません。



---------------------------------------------
□ぷーたろーの飄々日記
---------------------------------------------

TITLE: 僕も使っている楽天カードがお得です!

ネットショッピングでも街でのお買い物でも楽天スーパーポイントが100円につき1ポ イント貯まる!一押しの1枚です。

・年会費永年無料
・海外旅行傷害保険付き
・楽天市場でのお買い物はいつでもポイント4倍
・ご利用可能額最高100万円
・入会された方全員に楽天スーパーポイント2,000ポイントプレゼント!
ただいま新規入会キャンペーン開催中!

詳細はこちら

★本会員様のお申込みと同時に家族カードのお申込みも簡単に可能!家族カード入会 でもれなく1,000ポイントプレゼント!(年会費永年無料)





スポンサーリンク



---------------------------------------------
□本当に必要なOSの選択とは
---------------------------------------------

自分たちにとって本当に必要なOSとは何でしょうかまず、思いつくのは仕事に必要な OSです。それは、高価なOSでないとできない仕事ですか?文書が作成できて、イン ターネットができることで9割以上は大丈夫だというなら、無料のOSも考えてみたら どうでしょう。


---------------------------------------------
□あすすめウェブサイト
---------------------------------------------

月10万円の副収入で生活らくら く!
LibreOffice無料で楽しく
Puppy Linux 非公式 サイト
もうWindowsはもういらないの内容を見やすく提供し ています。

0 件のコメント :

コメントを投稿