グーグルアドセンス



2016年7月25日月曜日

DebianDogにWindows版のAdobeAirをインストールする方法!

軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」は:DebianDogにWindows版のAdobeAirをインストールする方法!








今日は、午後から雨になるようです。

PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。


先日、軽量LinuxであるDebianDogに最新版のWineをインストールする方法について述べました。

今回は、Wineの環境の上に、Windows版のAdobeAirをインストールすることを考えてみます。

1 まず、https://get.adobe.com/jp/air/otherversions/ にアクセスして、Windows版のAdobeAirをダウンロードします。



2 AdobeAIRのフォルダに端末から入り、 wine AobeAIRInataller.exe を実行します。



3 すると、AdobeAIRのインストーラーが立ち上がります。同意すると、インストールが始まり、あっという間にインストールが終了します。





4  後は、AdobeAIRで作成されたアプリケーションをインストールするだけですが、AdobeAIR で作成されたアプリケーションをインストールするためのファイルが、/root/.wine/drive_c/Program Files/Common Files/Adobe AIR/Versions/1.0/Adobe AIR Application Installer.exe と大変深いディレクトリにあるので、デスクトップにショートカットを作成します。

まず、Adobe AIR Application Installer.exe がwine 環境で動作するように指定します。と言っても、関連付けるアプリケーションに /usr/bin/wine を指定するだけです。



その後でディスクトップにドラッグドロップすると、Adobe AIR Application Installer.exe のショートカットが作成できます。 もちろんアイコンも指定してみました。



これで、ショートカットをクリックするだけで、Adobe AIR Application Installer が立ち上がるようになりました。



□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するのに残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いますしたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。



2016年7月24日日曜日

軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」は:DebianDogにWineの最新版をインストールして、多機能画像ビューワーのショートカットをディスクトップに作成する方法!

軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」は:DebianDogにWineの最新版をインストールして、多機能画像ビューワーのショートカットをディスクトップに作成する方法!








今日は久々にのんびりとした週末を過ごしています。

PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。


軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」は:DebianDogにWineの最新版をインストールして、多機能画像ビューワーのショートカットをディスクトップに作成する方法について説明したいと思います。

DebianDogに最新版のWineをインストールする方法については、以前述べたように下記のように行います。

 DebianDogに最新版の Wine をインストールしてみました。WineのUbuntuの情報ならたくさんあるのに、Debianはそれほど多くないので、試行錯誤しましたがうまくいったのでまとめてみます。

ターミナルを起動して、

$ sudo apt-get install wine

と最初の頃にやったのを覚えています。しかし、インストールしたwineのバージョンを確かめようと、

$ wine --version

とすると

wine-1.4

などと出て、あまりの古さに愕然とします。

確かに、Debian GNU/Linuxのパッケージには古いものが多いと来ています。しれは、安定性を重視しているので仕方のないことですが、Wineは最新ほど動かせるWindowsアプリケーションが多いとので最新版の1.9にしてみました。

1 まず、ターミナルを起動します。

$ sudo dpkg --add-architecture i386

2 続いて、

$ wget https://dl.winehq.org/wine-builds/Release.key

3 ReLease.key を取得します。

$ sudo apt-key add Release.key

4 次に

$ sudo geany /etc/apt/sources.list.d/winehq.list

□ ここからwinehq.listに書く内容(実はファイル名は.listであれば何でも良いし、/etc/apt/sources.listの末尾に追記しても良い。jessie,と書いてある部分は人によりwheezy, jessie, stretch, sidの場合があります) DebianDogはjessieなので下記のようにしました。

deb https://dl.winehq.org/wine-builds/debian/ jessie main

5 書き終わったら、次のようにします。

$ sudo apt-get update

もし、E: メソッドドライバ /usr/lib/apt/methods/https が見つかりません。と表示されたら、(DebianDogの場合表示されました。) 6 つぎのようにして apt-transport-https をインストールします。

$ sudo apt-get install apt-transport-https

7 また、既に古いwineをインストールしてしまっているときは、はそれを削除しなければならなりません。そのために

$ sudo apt-get remove --purge

$ sudo apt-get autoremove

8 これでやっと最新版のWineをインストールする準備ができました。

$ sudo apt-get install winehq-devel

これで、インストール完了です。

9 バージョンを確かめるために

$ wine --version

とすると、

wine-1.9

と表示されました。

WindowsアプリケーションをWineから開くと初回起動時の色々をやってくれるはずです。このとき、必要なMonoなどもインストールできます。以下は僕が最新版のWineをインストールするのに僕が行ったターミナルのスクリーンショットです



これまでの方法は、プロキシーのない環境での説明ですが、もしプロキシー環境でインストールするときは、aptやwgetにプロキシーの設定を行わなければなりません。

1 次に、画像ビューワーの XnView をダウンロードして、適当なフォルダに保存します。

2 ターミナルを起動して

sudo wine XnView-win-full.exe を行えば、MS WINDOWS と同じようにインストールできます。

3 ホームディレクトリに作成されている .wineの中の Program Filesの中の XnViewのフォルダを開きます。



4 xnview.exe を wine で起動できるように、右クリックして関連付けるアプリケーションを指定します。



5 後は、xnviewをデスクトップにドラッグドロップしてアイコンを指定すれば終了です。

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するのに残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いますしたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。



2016年7月21日木曜日

軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」は:LxPupXenial-16.07.1-pae.iso (日付: 2016-07-20, サイズ: 288.2 MB) がアップされています!

軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」は:LxPupXenial-16.07.1-pae.iso (日付: 2016-07-20, サイズ: 288.2 MB) がアップされています!








今日は午後から休みが取れそうです。

PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。


軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」は:LxPupXenial-16.07.1-pae.iso (日付: 2016-07-20, サイズ: 288.2 MB) がアップされています!

Ubuntu 16.04 LTS (Xenial Xerus)が2016年4月21日に発表されました。このフレーバーは、Ubuntu 16.04のUbuntu Desktop、Ubuntu Server、Ubuntu Core、Ubuntu Kylin、で5年間サポートされます。つまり、2021年4月までサポート期間があります。このフレーバーをベースにして作成されたPuppyLinuxが LxPupXenial です。昨日新しいバージョンがアップされています。

ダウンロードは、以下のurlから可能です。

https://osdn.jp/projects/sfnet_lxpup/downloads/LxPup16.07/LxPupXenial-16.07.1-pae.iso/

実際に、ライブCDを作成して、起動してみました。





僕の古いレッツノートでは、サウンドカードも認識し、音もきちんと再生できました。

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するのに残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いますしたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。



軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」は:PuppyLinuxにミニマルな Twitter クライアント Saezuri(さえずり)をインストール!

軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」は:PuppyLinuxにミニマルな Twitter クライアント Saezuri(さえずり)をインストール!








夏休み、少しだけですが休めそうです。

PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。


PuppyLinxでも、Twitterをリアルタイムにチェックしたいものですが、なかなか良いクライアントソフトが見つかりませんでした。

いろいろ調べていると、Saezuriというソフトに行き着きました。

ミニマルな TwitterSaezuriの機能は、次のようになっていました。

1 見やすいタイムライン表示

未読ツイート数はアイコンに表示され、さらに新しいツイートを受信しても今読んでいる位置をキープします。また、見やすい吹き出し表示や、スムーズなスクロールなど Twitter を楽しむための便利で楽しい機能をたくさん盛り込みました。

2 自分宛のメッセージは見逃さない

通知ウィンドウや通知音で自分宛のツイートを見逃しません。別の作業に集中したいときは Saezuri のウィンドウを隠しておきましょう。ウィンドウを隠しておいても通知ウィンドウや通知音で新着メッセージを教えてくれます。

3 見た目をカスタマイズ

プリセットされた美しいスキンや、フォントやフォントサイズの変更等、使う人の好みに合わせてデザインをカスタマイズできますのでお好きなスタイルで Twitter を楽しみむことができます。

4 サービス連携

写真をドラッグ&ドロップで写真共有サービス「Fotolog」にアップロードしてその写真の URL を Twitter に投稿したり,URL 短縮サービス「j.mp (bit.ly)」を使って長い URL を短く変換して投稿できます。


Saezuriのウェブサイトは、http://playwell.co.jp/saezuri/ となっています。



しかも、Saezuriを詳しく調べてみると、下記のような記述が。

Saezuri は全機能を無料でご利用いただけます。

下のダウンロードリンクからインストーラファイル(Saezuri-0.5.10.air)をダウンロードしてください。ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとインストールが始まります。

※ 先に Adobe AIR がインストールされている必要があります。

AdobeAirをもとに作られているのがわかりました。ということは、AdobeAirの環境でOSによらずインストールできそうです。

早速、PuppyLinux(Tahr Puppy 6.0.5)に AdobeAir をインストールしました。

この方法については、PuppyLinuxインストール:年賀状の季節 プリントマジックをインストール! PuppyLinux005 に詳しく書いているので参考にしてください。

AdobeAirがインストールできたら、後は、Saezuriをインストールするだけです。

1 まず Saezuri をダウンロードして適当なフォルダに保存します。



2 「Adobe AIR Application Installer」(WineのCドライブの中のProgram Filesの中のCommon Files、Adobe Air、Version、1.0の中にあります。)を起動して、saezuri.airを指定します。



3 後は、メッセージに従って、インストールをすすめるだけです。



4 PuppyLinux 上で Saezuriのショートカットを作成し起動した画面です。リアルタイムにツイートを確認できて便利ですよ。



□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するのに残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いますしたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。



2016年7月20日水曜日

便利なウェブサービス:ブラウザだけで直接ファイルを送信できる「Station307」しかも無料でファイルサイズ制限なし!

便利なウェブサービス:ブラウザだけで直接ファイルを送信できる「Station307」しかも無料でファイルサイズ制限なし!








やっと梅雨があけたようですが、いきなり猛暑日です。熱中症には気をつけましょう。

PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。


ネットを通じて相手にファイルを送りたい場合、Eメールに添付したり、「オンラインストレージ」で共有したりするのが一般的だと思います。

しかし、これらの方法だと、ファイルサイズに制限があったり、速度が遅かったりと、色々と制約が多かったりしたりします。

ところが、「Station307」は、ブラウザ上からファイルをドラッグアンドドロップするだけで、ファイルをどこかのサーバにアップロードする事無くP2Pを用いて直接送受信出来るという、非常に便利な無料Webサービスとなっています。

いずれも、データの送受信を各端末間で直接接続(Peer to Peer:P2Pと呼ばれる通信方式)してやりとりするため、以下のような特徴があります。

仲介となるサーバを使わないため、ファイルサイズの上限がありません。

暗号化して端末間を直接接続するため、安全なデータ転送が可能となります。

P2P接続のため、転送速度は送信側、受信側の回線速度に依存するのみです。

  必要なものはブラウザだけです。

  既存のサーバーにアップロードするものと違いP2Pなので、転送が終了するまでパソコンの電源は切ることができません。



□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するのに残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いますしたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。



2016年7月19日火曜日

軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」:PuppyLinuxでパソコンは必要十分!

軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」:PuppyLinuxでパソコンは必要十分!








やっと梅雨があけたようですが、いきなり猛暑日です。熱中症には気をつけましょう。

PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。


梅雨が開けたと同時に猛暑が続いています。これだけ気候が変わると体がついていけません。

いまさらですが、パソコンをどんな用途に利用しているのか考えて見ました。

新規パソコンも2万円台で買えるようになってきました。しかも、パソコンを新規で購入すると MS WINDIWSが必ず入っています。

もちろん、OSが無いとパソコンは利用できません。しかし、昔はOSとパソコンは別々に売っていたようなきがするのですが・・・

必ずパソコンを購入するともれなくついてくるMS WINDOWSは万能だから ゲーム、音楽作成、CADに動画の作成、あらゆることができます。

中古パソコンも1万円もだせばそこそこの性能の機種が出回っています。中には1万円未満のパソコンも珍しくありません。僕はこれにPuppyLinuxに代表される軽量Linuxばかりをインストールして使っていますが、ふと気がつくと、極端にMS WINDOWSを立ち上げる回数は減っています。

さらに、Linuxも世に名が知れわたり、少しずつですが、利用者が増えてきているというニュースも目にしました。

LinuxもubuntuやFedoraように10GB以上ハードディスクを必要なものもあれば PuppyLinuxのように数100MBで動作するものもあります。

さらに、最近はブラウザ1つあればネットで文書も絵も音楽もメールも、TV電話までできるようになっています。 tahr-6.0.5_PAE をはじめとして最近リリースされているPupletsはubuntuのアプリケーションが使えるので10GB必要なLinuxディストリビューションじゃなくてもいいと考えるのはぼくだけでしょうか?

僕が使ってこれはいいと思うものは。

Tahr Pup、LxPupSc、LxPupTahrは自信をもって推薦できます。

特にTahr PupをベースにしているものはUbuntuとの互換性もあるので、パソコンの正解が広がります。

ここのサイトを覗くと、いろいろなPuppy Linuxの情報を得ることができます。http://puppylinux.com/download.html

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するのに残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いますしたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。



軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」:LxPupSc-16.07.2.iso (日付: 2016-07-15, サイズ: 233.5 MB) が発表されています!

軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」:LxPupSc-16.07.2.iso (日付: 2016-07-15, サイズ: 233.5 MB) が発表されています!








やっと梅雨があけたようですが、いきなり猛暑日です。熱中症には気をつけましょう。

PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。


LxPupのウェブサイトを見ていたら、LxPupSc-16.07.2.iso (日付: 2016-07-15, サイズ: 233.5 MB) という記述があり、LxPupScがバージョンアップされていることがわかりました。

LxPupSc-16.07.2.iso は https://osdn.jp/projects/sfnet_lxpup/ からダウンロードできます。

現在、僕は何不自由なく、LxPupSc-16.07.1を使っていましたが、下記の書き込みのように、アイコンがタブって現れるということや、デフォルトでは、SDHCカードを認識しないという現象がありましたが、すべて修正されていました。

アイコンがダブって現れています。



再起動すると修正できます。



LxPupScはバージョンアップが頻繁になされているので、開発者は力を注いでいるのではないでしょうか?

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するのに残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いますしたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。



2016年7月14日木曜日

軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」:高速ブラウザ Pale Monnの日本語化!

軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」:高速ブラウザ Pale Monnの日本語化!








今日の天気は曇りでしたが、時折、強い雨が降っては止んでいます。

PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。


さて、先日、高速なブラウザPale Moon をPuppyLinuxに導入する方法を書きました。

なるほど、Pale Moonはの説明に、オープンソースで開発されている Firefox ベースのウェブブラウザであり、インターフェースだけでなく、アドオンやテーマ等、操作感や機能性もすべて同じ要領で利用できます。Firefox の動作に不満があるユーザーは、この軽量化された Pale Moon で Firefox の不満点を解消できる可能性があります。
と書かれているだけあって実に軽快な動作をしてくれます。

しかし、Pale Moon はオリジナルでは英語表記になっています。今回はそれを日本語表記にすることを考えます。日本語化したPale Moonは下記のようになります。



Pale Moonのダウンロード、インストールは詳しく書きましたので、今回はインストールできたところから説明します。

なお、Pale MoonのOSごとのダウンロードは、https://www.palemoon.org/ からできます。



1 先ほど解説したPale MoonのウェブサイトのDownloadをクリックして、Pale Moon languge packsを選択します。

2 下の図のような画面が現れます。

その中から、ja.xpiをクリックしてインストールします。「Japanese Language Pack」アドオンのインストールウィンドウが表示されます。「Install Now」ボタンをクリックします。

3 日本語パック、ja.xpiをインストールしただけでは、日本語化できません。日本語化設定するために、コンフィグ画面を開きます。アドレスバーに「about:config」と入力して「Enter」キーを押します。下の図のような画面が現れるので、「I promise to be careful!」をクリックします。



4 config画面が表示されるので、「Search:」のテキストボックスに「general.useragent.locale」と入力します。すると、preference Name(設定名)に、「general.useragent.locale」のみが表示されるようになります。この項目をダブルクリックします。

「general.useragent.locale」の項目が入力できます。初期設定では、「en-US」となっているので、「ja」と入力して「OK」ボタンをクリックします。



5 Pale Moon を再起動(一度終了して再度起動)すると、表記が日本語化されます。





□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するのに残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いますしたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。



2016年7月13日水曜日

軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」:youtube再生の高速化のヒント!

軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」:youtube再生の高速化のヒント!








今日の天気は曇りでしたが、次第に雨に変わっています。

PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。


ところで、「ライブCDの部屋」をのぞい見ると、興味深い次のようなことが書かれてありました。
youtube再生の高速化のヒント
低速なマシンではCPUが100%に張り付いてyoutube動画がなめらかに再生できないときは、軽量なブラウザに変えることで改善できます。
そんな時は、軽量なブラウザとしてPale Moonをおすすめします。通常のブラウジングでは大きな違いは感じられないかもしれませんが、youtube再生ではfirefoxよりCPU使用率が20%くらい減ります。
firefoxをベースとしているので違和感もありません。またsmtubeで再生するときはデフォルトがsmplayerを使うようになっているときは、mpvに替えることで高速化が可能です。


CPUの使用率が20%も減るという言葉は、軽量Linuxを普段から使用しているものにとっては、見逃すことのできない言葉です。

早速、最新のLxPupScにPalemoonをインストールしてみました。僕はLXPupScにインストールしましたが、どのPuppyLinuxでもlinuxBeanのようなOSでも動作すると思います。

1 まず、Palemoonを下記のウェブサイトからダウンロードしました。

https://www.palemoon.org/



2 ダウンロードした圧縮ファイルをクリックして解凍します。



3 クリックすると、下の図のようになるので、すべてを選択して解凍します。



解凍が始まりました。



解凍が終了するとpalemoonというフォルダが作成されます。



4 僕は、いつも後から解凍して使うアプリケーションは /opt に保存することにしています。



5 palemoonのフォルダを /opt に設置できたので、次は簡単にpalemoonを起動できるように、デスクトップにショートカットを作成したいと思います。

デスクトップで右クリックをして、shortcut を作成します。



6 ショートカットの名前を適当につけます。



7 後は、palemoonの実行ファイルとアイコンを指定するだけです。

実行ファイルを指定します。



アイコンの画像ファイルを指定します。



デスクトップにショートカットができました。



10 Palemoonを実行してみました。



安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するのに残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いますしたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。



軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」:永六輔さんの恋愛論が素敵すぎます!

軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」:永六輔さんの恋愛論が素敵すぎます!








今日の天気は曇りですが、これから激しい雨になるようです。

今回はの話題はコンピュータから少し離れてみます。

インターネットで、いつものように画面を眺めてしたら、永六輔さんの恋愛論に大反響「『あなたが好きです』は最悪な言葉」というタイトルが目に飛び込んできました。

7月11日、永さんが亡くなったことが報じられました。永さんは作詞家として「上を向いて歩こう」などを手がけた他、放送作家やラジオパーソナリティーとしての顔ももっていたことは有名な話です。この訃報に、あるユーザーが高校生のころにネット上で見つけ、衝撃を受けた永さんの恋愛論を紹介していましたので、紹介します。

この恋愛論は、永さんがラジオ番組「全国こども電話相談室」(TBSラジオ)で、小学6年生の女子の「好きな人に告白する言葉を教えて」という相談に対する回答のようです。永さんは「言葉は一番大切」だが、それよりも「同じ感動を同じ時点で受け止めるのが一番効果があります」と回答を始めました。
何より、僕が驚いたのは、小学校の6年生に対して、永さんが真摯に答えているところ。しかも6年生にもわかりやすい、優しい言葉を重ねています。にもかかわらず、物事の本質をきちんと捉えている。

教えることで何が一番難しいかというと、相手にわかるやさしい言葉で、難しい抽象的なことを説明することです。

それが、見事に実現されている回答です。

回答とはこうありたいものです。難しいことばばかり使って、相手の胸に響かない説明がいかに多いのか気付かされます。

永さんが小学校の6年生に回答したものがこれです。


PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。




□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。
最近は、USBメモリーだけをかばんに入れて、持ち運ぶことが多くなりました。



2016年7月12日火曜日

軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」:PuppyLinuxにLibreOfficeを簡単インストール!

軽量Linux 「ノートパソコン おすすめ」:PuppyLinuxにLibreOfficeを簡単インストール!








今日の天気は曇りで、久々に涼しい朝を迎えています。

PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。


また、ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するのに残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いますしたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。
この安いUSBメモリーを購入し、最新版の軽量Linux「LxPup」をインストールしました。PuppyLinuxのインストールについては、本ブログでも度々登場していますので、参考にしてください。

さて、今回はLibreOfficeを導入して、仕事もサクッとできるようにしてしまおうというものです。最近は、随分とMS Officeとの互換性も良くなったので、使ってみる価値はあると思います。

PuppyLinux用のLibreOfficeの日本語版は http://shinobar.server-on.net/puppy/opt/pup5/ にアップされていものが一番充実しています。そこから、LibreOffice-5.0.4_ja_xz.sfs をダウンロードしてクリックするだけで、インストールできます。

1 LibreOffice-5.0.4_ja_xz.sfs をダウンロード後、クリックします。



2 「SFSをインストール」をクリックします。



3 「OK」をクリックします。



4 あっという間にインストールできるはずです。



5 きちんとメニューにも登録されています。



6 Calcなどは、メニューの計算のところにありました。