グーグルアドセンス



2015年12月13日日曜日

ドン・キホーテが1万9800円の「ワリキリPC」発売!



ドン・キホーテが1万9800円で、13時間バッテリーとWindows 10 Home搭載した「ワリキリPC」発売!

 「驚安の殿堂」と言っているドン・キホーテが、自社ブランド「情熱価格」の小型デスクトップPC「ワリキリPC」を発表しました。文庫本サイズで約350gの小型筺体に4コアAtom や 2GB RAMを載せ、Windows 10 Home が動きます。

warikiriPC01



 なぜかデスクトップコンピュータなのに、13時間駆動のバッテリーも内蔵し、起動したまま部屋から部屋へ持ち運べる点も特徴です。というか、急な停電などで、データが失われないというメリットのほうが大きいと思います。
 発売は12月11日からで、価格は1万9800円(税別)なので、消費税込みで2万円弱ということになります。
 
 さて、ワリキリPCの仕様はインテル Atom Z3735Fプロセッサ(4コア1.33GHz)、2GB RAM、ストレージはeMMC 32GB。ポート・スロット類はSDXC対応 microSDスロット、USB 2.0 x2、マイクロUSB x1、ヘッドホン出力、ミニHDMI出力。無線は802.11b/g/n と Bluetooth 4.0を内蔵します。
 この使用だけを見ると、デスプレイを取り除いたノートブックの仕様という感じがします。
 
 ドン・キホーテは、「必要最小限の機能とアクセサリーに特化すると割り切ることで、驚安(きょうやす)価格19800円(税別)を実現したパソコンです」。メーカーが想定する用途はウェブ閲覧や動画再生、メール、Word / Excel / PowerPoint (文書の閲覧)など。と言っています。
 さすがにMicrosoft Office は付属せず、キングソフトOfficeが付属しているようです。

 もちろん、購入して損はしない価格と仕様ですが、そんなに驚くほど安いという印象では無いです。
しかし、文庫本サイズで350gという特徴ならば、机の片隅においておき仕事に利用するという考え方もあるでしょうし、Windows 10を手っ取り早く体験したい人にはいいかも知れません。

 僕のブログ紹介

 LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。

人気記事

僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!

0 件のコメント :

コメントを投稿