グーグルアドセンス



2015年12月17日木曜日

PuppyLinuxインストール:Tahr Pup 6.0.5をインストール mozcで日本語入力! PuppyLinux018



 2015年の12月にtahr pupが6.05にバージョンアップしていました。ダウンロードは http://ftp.nluug.nl/ftp/pub/os/Linux/distr/puppylinux/puppy-tahr/iso/testing/tahr-6.0.5.iso からできます。アプリケーションのインストールの容易さばかりでなく、日本語化も簡単にできるのですごく気に入っているディストリビューションですので さっそくインストールしてみました。、日本語化は lang_pack_ja-1.9.sfs で簡単にできます。
 Tahr Pupのインストール方法や日本語化は、このブログの記事にも書いてあるので参考にしてみてください。

 さて、インストールしてみると、全体がセンスの良いアイコンに変わっていました。文字も見やすいように思います。

tahr-(1)

ブラウザのアイコンに狐マークがあったので、ついにFirefoxがデフォルトになったのかと喜びましたが、以前と同じ「Pale Moon」でした。

tahr Pupの良いところは、petのインストールが簡単にできて、種類も多いことです。
「Quickpet」を立ち上げると、ブラウザだけでもこれだけあります。

tahr-(2)

Officeとその他もインストールしたいものばかりです。

tahr-(3)

インターネット関係です。もう「Quickpet」だけで仕事ができる環境が整います。

tahr-(5)

1 さて、ここでは、最近話題になっている日本語入力の「mozc」をインストールしてみたいと思います。まず mozcをダウンロードします。

2 「メニュー」>「セットアップ」>「SFS-Load on the-fly」を起動します。

tahr-(6)

3 scim-mozcをロードすれば完了です。

tahr-(7)

4 Xサーバーをリスタートするとmozcが使えるようになります。

tahr-(8)

mozcは辞書登録や手書き入力もできるので、仕事が捗ると思います。

 僕のブログ紹介

 LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。

人気記事

僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!

0 件のコメント :

コメントを投稿