グーグルアドセンス



2016年1月8日金曜日

PuppyLinuxインストール:非PAE LxPupTahrを簡易インストール PupyyLinux034








非PAE LxPupTahrを簡易インストール

 先月(12月22日)、Ubuntuのtahrと互換性があり、古いコンピュータに対応した非PAEのLxPupTahr-15.12.1-nopae.iso (日付: 2015-12-22, サイズ: 226.5 MB) が公開されています。
 このLxPupTahr-15.12.1-nopaeを簡易インストールしてみました。
 簡易インストールはインストールCDを作成しなくて良いのでお手軽です。

 僕はUSBメモリーに複数のPuppyLinuxをインストールして、出先にあるコンピュータをUSBメモリーから起動して仕事をしています。

conputer01

 
 最近、少なくなったとはいえ、古いコンピュータ(非PAE)に遭遇することもあります。そんな時にもOSを切り替えて仕事ができるように、古いコンピュータに対応した非PAEのLxPupTahr-15.12.1-nopae.iso (日付: 2015-12-22, サイズ: 226.5 MB) をインストールします。

 では、その方法をメモしておきます。

1 まず、LxPupTahr-15.12.1-nopae.iso (日付: 2015-12-22, サイズ: 226.5 MB) をdダウンロードします。次のURLからダウンロードできました。
  http://sourceforge.net/projects/lxpup/?source=typ_redirect

Screenshot

続きは、また次回書きます。

2 (続き)ダウンロードした ISO ファイルを適当なフォルダに保存します。

LxPupTahr-

3 作業をすでにインストールしているPuppyLinuxで行います。LxPupTahr-15.12.1-nopae.iso をクリックするとその内容が下の図のように見えます。

LxPupTahr-(1)

4 上のフォルダの中身をすべて選んで、インストールしたいメディア(この例ではUSBメモリー)に
適当な名前(LxPupTahr-15.12.1-nopae)をつけてコピーします。

LxPupTahr-(4)

コピーが終了しました。

LxPupTahr-(5)

5 次に、LxPupTahr-15.12.1-nopae を起動できるように メニュー>システム>Grub4Dos ブートローダーの設定をクリックします。

LxPupTahr-(7)

6 LxPupTahr-15.12.1-nopae をコピーしたUSBメモリーの選択しました。「実行」をクリックします。

LxPupTahr-(9)

7 自動的にインストールされているOSのリストが現れます。起動したくないOSが表示されていたら削除します。「実行」をクリックします。

LxPupTahr-(10)

8 「実行」をクリックします。

LxPupTahr-(11)

9 以上でブートローダーの設定は終了です。

LxPupTahr-(12)

10 早速、LxPupTahr-15.12.1-nopae を起動してみました。まだ日本語化されていません。

capture16390

11 日本語化のために、lang_pack_ja-2.0.sfs をダウンロードして、homeに設置します。

LxPupTahr-(14)

12 lang_pack_ja-2.0.sfs をロードすると、日本語環境に設定ができます。
もちろん、日本語入力もインラインで行えますよ。

Screenshot

Screenshot(2)

 僕のブログ紹介

 LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。

人気記事


僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!




0 件のコメント :

コメントを投稿