グーグルアドセンス



2015年11月5日木曜日

Firefox 42 安定版リリース!


 11月3日(火)文化の日、Mozillaが「Firefox 42」の安定版をリリースしました。プライベートブラウジングに広告や解析のためのトラッキングを遮断する機能が追加された他、隠れているタブの音を1クリックでミュートする機能などが追加されました。また、重要度「最高」3件を含む18項目の脆弱性も修正されていますので、早く、最新版にすることをおすすめします。
もちろん、「Firefox 42」も今までどおり、Windows、Mac、Linux、Android版があります。

 最新のFirefoxに更新するためには「メニュー」→「ヘルプ」→「Firefoxについて」をクリックすることで行えます。

firefox01


firefox02

主な新機能を紹介すると

1 プライベートブラウジングにトラッキング保護機能追加

 従来のFirefoxのプライベートブラウジングは、閲覧履歴とクッキーを保存しないことでユーザーのプライバシーをローカルに保護するもので、サードパーティーへのユーザーデータの提供は行われていました。新版ではプライベートブラウジングにトラッキング保護機能が追加され、広告および解析のためのトラッキングやソーシャルボタンがユーザーの行動を記録することをブロックするようになっています。

 広告ブロックツールのようにWebページに広告が表示されなくなるわけではありませんが、プライバシーの保護が強化され、トラッキングがない分、速度も上がるというからユーザーにとってはうれしいかぎりです。

 プライベートブラウジングは右上の[≡]アイコンをクリックすると表示され、「プライベートブラウジング」をクリックすることで利用できます。

Screenshot(35)


2 音声再生タブを開かずにミュート

 複数のタブを開いていて、表示していないタブで音声が再生されると、どのタブが鳴っているのか分からなかったが、タブにスピーカーアイコンが表示されることでこれが分かるようになりました。さらに、このアイコンをクリックすれば、タブを非表示のまま音をミュートできるので便利です。
 隠れているタブで音声が再生されている場合、スピーカーアイコンをクリックすればミュートできます。

3 セキュリティ関連

 セキュリティ機能では、Webサイトへの接続が安全かどうか確認するためのアイコン表示が一部変更された。接続の安全性が確保されていることを示すのに緑色の鍵で統一しました。
 一方、Firefoxの初期設定ではブロックされない「混在パッシブコンテンツ」が読み込まれるサイトでは、完全な安全性を保証できないことを示すために鍵アイコンが灰色になり、黄色い警告マークが表示されます。

 さらに、Firefox 42では計18項目の脆弱性も修正されました。

firefox03

LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。

人気記事

僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!

0 件のコメント :

コメントを投稿