グーグルアドセンス



2016年2月3日水曜日

超軽量Linux Debiandog日本語版とantiX日本語版が公開!

超軽量Linux Debiandog日本語版とantiX日本語版が公開!






 おはようございます。6:10です。今日は朝起きてみると温度計が2度を表示していました。寒い朝です。

 ライブCDの部屋をのぞいてみると超軽量Linuxがまたまた公開されていました。 Debiandog日本語版とantiX日本語版です。antix日本語版も、公開の日付が2月1日になっているよなので、バージョンアップ版かもしれません。

 とにかく、僕にとって、軽量Linuxの情報が提供されるのはとてもうれしいことです。もともとLinuxというOSに興味を持ったきっかけが、MS WINDOWSより洗練されていて、軽いというのがその一つでした。

 ところが、最近のLinuxを見ると、多機能になり重量化していくようで、少なからず不満をもっていたのですが、ここにきて2つの超軽量Linuxの公開です。とても感謝しています。

ライブCDの部屋さんによると、Debiandog日本語版は


DebianDogはdebian(jessie)をベースとしたpuppyライクなディストリビューションです. Puppyのパワーユーザーがdebianをベースにpuppyを作ったと言った方がわかりやすいかもしれません. puppyのデスクトップの見た目と操作性(UI)とツール類をそっくり引き継いでいます. しかしベースがdebianなので本物のapt-get/dpkgコマンドが使え、debianリポジトリを利用できます. それによってパッケージの完全なセキュリティ更新ができるのは大きな利点です. またDebianDogは非常にサイズが小さく(日本語版でisoファイルが380MB)、とても省メモリーです. 仮想環境でライブ起動した時のメモリー消費はわずか60MBです. (同じく省メモリーなkona linux 2.3 blackは68MB) 日本語入力環境としては、IMはFcitx、変換エンジンはrootではanthy、一般ユーザーpuppyではMozcが使用できます. 日本語が使える軽量ブラウザとしてmidoriを追加しました.
というふうに解説されていました。

 また、先日取り上げさせてもらったantiX日本語版は


antiXはdebianベースの軽量指向ディストリビューション. 動作は非常に軽く、起動時消費メモリーは100MBを大きく下回ります. ウィンドウマネージャーはicewm,jwn,fluxboxといった軽量トリオを使用しています. isoファイルはCDサイズにもかかわらずひととりのアプリは揃えてあり、libreofficeまであるのは驚きです. システムツールのmetapackage installerを使うと代表的なアプリケーションを簡単にインストールできます. 32ビットの場合、カーネルは非pae対応ですがマルチプロセッサー対応にリコンパイルされた専用カーネルを使用しています.
というふに紹介されています。まさに僕にピッタリのLinuxです。



○僕のブログ紹介

LibreOfficeの話題はLibreOfficeでお金いらずにもスピンアウトしてまとめています。こちらも参考にしてください。
人気記事
僕が使ってみてこれは良かったと思う軽量Linuxのすべて(追記)
新しいPuppy Linux Puppy Vivid 6.5 を USBメモリーにインストールしました
android-x86-5.1-rc1をUSBメモリにインストールしVivid Puppyとデュアルブート!



2 件のコメント :

  1. kali を使ってみたいのですが。Mint17.2です。まだ5ヶ月です。知識もほとんどない。

    デビアン系も使えるものでしょうか?

    返信削除
  2. Kali Linuxについては詳しくないですが、調べてみると「もともとは BackTrack という Ubuntu ベースのディストリビューションでしたが、バージョン6に相当するリリースからはベースを Debian に変え、名称も "Kali Linux" として公開されています。」とかいてある記事が見つかりました。であれば使用できると思います。

    返信削除